読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

ノンフィクション-自然科学

生き物の持ち方大全

近代、生き物と人間との関係は多様化し、数年前まではテレビでしか見ることのなかったようなさまざまな生き物と実際に接する機会が増えている。 しかしそんな時、持ち方がわからなくては、おはなしにならないのである。

脱皮コレクション

蛇の抜け殻をお財布に入れていると、お金持ちになれるっていいますよね。 鯛の顎の骨(小魚みたいに見える部分)も財布に入れておくとお金持ちになれるという話があります。

アリになったカメラマン 昆虫写真家・栗林慧

昆虫カメラマンといえば、カメラを抱えた「永遠の少年」のイメージ。 自分がなりたいというよりも、その純真さや生き物との向き合い方に憧れている。

ダンゴウオ: 海の底から見た震災と再生

東日本大震災では、大きな地震と津波で、海の中の生き物も大変驚いたことでしょう。 震災後の海とそこから月日とともに再生へと変化していく海の様子を撮影し続けた記録写真集です。 ダンゴウオ―海の底から見た震災と再生 作者: 鍵井靖章 出版社/メーカー: …

新井紀子『ロボットは東大に入れるか』

ロボット/人工知能/コンピュータ(計算機)が、一秒間に1京回計算ができて(すごっ)、チェスや将棋のプロを破り、マイケルジャクソン風のダンスを踊れるようになった時代。 さて、ロボットは東大に入ることができるのか?

桝太一『理系アナ桝太一の 生物部な毎日』

桝太一さんといえば、人気アナウンサーで1位を獲得して、3連覇達成するほどの人気アナウンサー。“ネガティブ思考”で“オタク気質”なところがいいらしい。こちらは桝太一さんの自伝的ノンフィクション。