読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

中沢啓治『はだしのゲンわたしの遺書』

原爆が投下された直後のヒロシマの様子を怖いくらいにリアルに描いた漫画「はだしのゲン」(中沢さんに言わせると本当はもっとリアルに描きたかったらしいのだが). これは中沢啓治さんの自伝的ノンフィクション。

杉浦日向子『百日紅』

葛飾北斎と娘・お栄との日常を描く、江戸系漫画。

山口淑子『李香蘭 私の半生』

2014年、山口淑子さん死去のニュース。 少しだけ紹介された彼女のプロフィールに、俄然興味がわいた。 間もなくアマゾンでは、この本が一時在庫切れとなった。同じように、彼女の半生に興味をひかれた人が殺到(それは言い過ぎか、せめて集中)したのかも。

「時代をきりひらくIT企業と創設者たち」シリーズ

TwitterもAmazonもWikipediaも。 スマホの普及とともにその利用率はどんどん伸びていて、多くの人の毎日の生活に欠かせないツールになっている。すっごく便利で身近なそのツール、どんな人が作ったか知ってますか?

『スティーブ・ジョブズの生き方』

インタビュー嫌いで有名なジョブズ自身が語った自伝書であり、スティーブ・ジョブズの死後まもなく発売された話題作となったベストセラー『スティーブ・ジョブズ I・IIセット』。 何十人という図書館の予約をなぎ倒し、やっとのことで私の元に巡り着いた割に…

日本人なら知っておきたい日本文学

日本語学校に通う面白い外国人たちを描いた「日本人の知らない日本語」が昨年大ブレイク。この本、人前で読むことをおすすめできないくらい、声を出して笑っちゃうおもしろエッセイ漫画で、私もお気に入り。漫画担当の蛇蔵さんネタ元である日本語教師の海野…

マーギー・プロイス『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』

14歳で漁船が遭難し、アメリカに渡った万次郎。現地では、アメリカに足を踏み入れた最初の日本人として「アメリカを発見した少年」と呼ばれた。

ジョゼフ・レマソライ レクトン『ぼくはマサイ―ライオンの大地で育つ』

著者のジョゼフ・レマソライ レクトンは、おもしろい経歴の持ち主です。

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ

これは、たのしいおさるのジョージの物語ではなくて、戦争によってもしかしたら「おさるのジョージ」は生まれてこなかったかもしれない、という本当にあった出来事を描いた絵本。