読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

小説-ライト文芸

長谷川夕『僕は君を殺せない』~ノベル大賞受賞

君は、僕の、たくさんある嫌いなもののうちのひとつです。それなのにどうして、そんな風に笑うのでしょうか。君が笑うたび、僕は泣きたくなります。

乙野四方字『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

人生とは、選択の繰り返しである。私たちは時に、選ばなかった人生について考えるが、それはあくまでも「もしも」の話。

山田悠介 『キリン』

天才の遺伝子が手に入るとしたら、あなたは欲しいですか。 う~ん。 天才は孤独だというから、私は天才の遺伝子はいりません。 でもね、もしあなたの子どもに天才の遺伝子を与えることができると言われたらどうだろう?

三秋縋 『スターティング・オーヴァー』

人生をやり直すことができたら、と考えない人はいないだろう。 私だって、もしやり直せるなら…なり直せるのなら… う~ん、まぁ、今のままでいいか。

住野よる 『君の膵臓をたべたい』

この本読みたいんだよね、とタイトルを告げると、「またそんな怖い本を・・・」とつぶやく夫、「キモッ」と息子(中2)、「膵臓って何するところだっけ?毒素を取るところ?あれっ?」と娘(高1)

有川浩『レインツリーの国』

ブックレビューサイトから恋が生まれることもある そんなおしゃれなこと、ウチのサイトではありえな~い!!なんて叫びつつも、もしかしたらわたしの知らないところでなら起こりうるのか?それってすてき。万が一、まぁないとは思いますけど、「わたしたち、こ…

桜庭一樹『青年のための読書クラブ』

どんな展開になっていくのか全く知らず、第1章の終わりでは一瞬「???」となりましたが、なるほどそういう構成なのね~と、掴んでからは、ビビることなくさくさくと読めました。 初桜庭一樹が「私の男」だったので、何か出てくるんじゃないかとつい身構え…

松本こうじ『ウサギとカメとボク 現代版むかしばなし』

怪しげな夢子さんのイラストに「現代版むかしばなし」というサブタイトル、ひと目で惹かれてしまいました。グロかったらどうしよう~、とドキドキしつつちょっとずつページをめくる…。

乙一『GOTH―リストカット事件』

人の秘密を知りたいと思う。 しかし、同時に人の秘密を知ることは怖いことだ、とも思う。 もし、いま目の前に手帳が落ちていたら、あなたなら拾って中を開くだろうか。

白河三兎『私を知らないで』

書店で目が合った。タイトルが秀逸。鮮やかなオレンジの表紙が綺麗。金原瑞人が解説を寄せている。

桜庭一樹 『少女には向かない職業』

中学二年生の一年間で、あたし大西葵は、人をふたり殺した。 なんともどきりとするこの文章から、物語は始まる。

七月隆文『天使は奇跡を希う』

「希う」は「こいねがう」と読む。 当て字だろうかと調べたら辞書にあった。 強く願うという意味だそう。