読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

濱野京子 『石を抱くエイリアン』

2010年ー2011年3月、中学3年生だった彼らの物語。 サッカーの勝利に喜び、文化祭を乗り越え、だれかを好きになる。いつもの毎日が当たり前にあることが、とても尊い。 当たり前に、ずっとそこにあると思ったものが永遠でないと知る。 それを知っている子は…

『こども東北学』 (よりみちパン!セ)

2011年の東日本大震災以来、東北は注目されている地方。いかにして復興を成し遂げるかという大きなは、飛躍へのチャンスととらえることもできるし、国際リニアコライダーの国内候補地でもあり、今後世界での注目度もさらに高まりそう。 ⇒ILC PROJECT[国際リ…

雨宮処凛 『14歳からの原発問題』

雨宮処凛・著 (河出書房新社 2011/9 237ページ) 「あまみやかりん」と読みます。代表作『生きさせろ!難民化する若者たち (ちくま文庫)』で日本ジャーナリスト会議賞を受賞。デビュー作『生き地獄天国―雨宮処凛自伝 (ちくま文庫)』から、若者の「生きづら…

ダンゴウオ: 海の底から見た震災と再生

東日本大震災では、大きな地震と津波で、海の中の生き物も大変驚いたことでしょう。 震災後の海とそこから月日とともに再生へと変化していく海の様子を撮影し続けた記録写真集です。 ダンゴウオ―海の底から見た震災と再生 作者: 鍵井靖章 出版社/メーカー: …

つなみ―被災地の子どもたちの作文集 完全

東日本大震災から1年。数週間前から、このフレーズをあちこちで耳にしますが、聞くたびに頭がくらくらする。 私に必要なのは、前を向くこと。考えすぎないこと。大事なのは、知ること、忘れないこと。 3月11日以降、それはたくさんの震災関連の本が出版…

福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの?

福島の子どもたちからの手紙 ほうしゃのうっていつなくなるの? 作者: KIDS VOICE 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2012/02/07 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 地震・津波の大きな被害に加え、福島第一原発の事故…