読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) 作者: カズオ・イシグロ,土屋政雄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2008/08/22 メディア: 文庫 購入: 32人 クリック: 197回 この商品を含むブログ (313件) を見る ブッカー賞候補の静かなる近未来SF このおしゃれな…

コルネーリアフンケ『どろぼうの神さま』

どろぼうの神さま 作者: コルネーリアフンケ,Cornelia Funke,細井直子 出版社/メーカー: WAVE出版 発売日: 2002/04 メディア: ハードカバー 購入: 3人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (31件) を見る 12歳の少年プロスパーと5歳になる弟のボーは、読書好…

ロアルド・ダール 『魔女がいっぱい』

魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13) 作者: ロアルドダール,クェンティンブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,清水達也,鶴見敏 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2006/02 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (16件) を見る …

アレックス・シアラー『青空のむこう』

人生って一度きりしかないから、生きているうちならなんだって、「もう遅い」ってことはないってことに気づかされる 青空のむこう 作者: アレックスシアラー,Alex Shearer,金原瑞人 出版社/メーカー: 求龍堂 発売日: 2002/05 メディア: 単行本 購入: 10人 ク…

アレックス・シアラー『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』

図書館で借りた本を、子どもたち用に購入するというのは、私によくあるパターン。図書館で借りられる期間内に読み切れないというのも理由のひとつだけれど、「じぶんの本」がいつでもそばにあることの幸福感。そうして只今収集中の本棚に、2冊もあるのが『13…

バーバラ・レオニ・ピカード『人魚のおくりもの』

人魚のおくりもの 作者: バーバラ・レオニピカード,Barbara Leonie Picard,白坂麻衣子 出版社/メーカー: 長崎出版 発売日: 2009/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 夏に読みたいと思わされるのは、タイトルと表紙の美しさからだろう。 バーバ…

S・D・タワー『レイル―王国の暗殺者』

今年の夏は、子どもたちと一緒に休みを満喫しております。 子どもたちはお休みで浮かれまくりですが、親は満喫と言うよりも、仕事よりもハードスケジュールだったりして。あちこちと連れ歩き、宿題の手伝いをし、実家に帰り、加えてこの暑さ。 むしろ、ぶっ…

デイヴィッドアーモンド『肩胛骨は翼のなごり』

肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫) 作者: デイヴィッドアーモンド,David Almond,山田順子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2009/01/22 メディア: 文庫 クリック: 8回 この商品を含むブログ (27件) を見る (BOOKデータベースより)引っ越してきたばか…

アリー・コンディ『カッシアの物語』

ロマンスありのディストピア小説もありますよ。 カッシアの物語 作者: アリー・コンディ,高橋啓 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2011/10/28 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (4件) を見る <ソサエティ>によって管…

ロイス・ローリー『ギヴァー 記憶を注ぐ者』

「満たされてる」とはどういうことか、「痛みを抱く」ことにどんな意味があるのか。 そんなことを考えさせられる。 ギヴァー 記憶を注ぐ者 作者: ロイスローリー,島津やよい 出版社/メーカー: 新評論 発売日: 2010/01/08 メディア: ハードカバー 購入: 6人 …

ポール・ギャリコ『ジェニィ』

一番好きなねこの本と言われたらこの本です。 ジェニィ (新潮文庫) 作者: ポール・ギャリコ,Paul Gallico,古沢安二郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1979/07/27 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (58件) を見る 10歳の少年…

ギヨーム・プレヴォー 『時の書』

世界14カ国で発売され、人気沸騰中のスペクタクルファンタジーが、ついに日本上陸。 時の書1 彫刻された石 作者: ギヨーム・ブレヴォー,建石修志,伊藤直子 出版社/メーカー: くもん出版 発売日: 2009/11/17 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブ…

エヴァ・イボットソン 『幽霊派遣会社』

幽霊派遣会社 作者: エヴァイボットソン,Eva Ibbotson,三辺律子 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2006/06 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログ (4件) を見る 魔女になるための夜間学校でしりあったミス・プリングルとミセス・マナリングは…

ラルフ・イーザウ『盗まれた記憶の博物館』

ファンタジー王国ドイツの子どもたちが選んだベストファンンタジー。審査員の半数以上が子どもの読者という「ブックステフーダー賞」を受賞した作品。当然はずれなし。 盗まれた記憶の博物館 (上) 作者: ラルフ・イーザウ,佐竹美保,酒寄進一 出版社/メーカー…

ジェラルディン マコーリアン『不思議を売る男』

もし『アラビアンナイト』のような物語は好きなんだけど、ちょっと古くさいかなと思っていたら、ぜひこの本を読んでみてください。そう、これはまさに現代の『アラビアンナイト』なのです。(中略)そう、さまざまな色合いと輝きをもつ物語が、あっとおどろ…

上橋菜穂子 『狐笛のかなた』

どちらかというとファンタジーは得意ではない。子どもに本を紹介する仕事をしていて、それって爆弾発言じゃないのか!?とも思うが。その考えを改めさせてくれたのがこの作品。 狐笛のかなた (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 200…

村山早紀 『コンビニたそがれ堂』

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル) 作者: 村山早紀,早川司寿乃 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2010/01/18 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (23件) を見る 大事な探しものがある人だけがある人だけが…

富安陽子 『ふたつの月の物語』

「それって、あの本の続編でしょ」 私が読みかけの本の表紙をのぞいて息子(小6)が言う。あの本の続編・・・あぁ、あれか。 「ちがうけど」とわたし。「だって、同じ表紙じゃん。見たことある」と息子。言いたいことはわかるけどね。違う作者さんなんですよ…

ミシェル・ペーヴァー 『クロニクル 千古の闇』

酒井駒子さんの表紙に惹かれて手にしたのは間違いない。 期待以上の読み終えてもいつまでの余韻の残るファンタジー。 オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇 1) 作者: ミシェルペイヴァー,酒井駒子,さくまゆみこ 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2005/06/2…

村山早紀『コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状』

ほっこり心があたたまる、コンビニたそがれ堂シリーズ第2弾。今回はどれも切ないお話ばかり。大切なだれかを失い、立ち止ってしまったり、先に進めない。 (P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル) 作者: 村山早紀,早川司寿乃 出…

西川紀子 『わたしのしゅうぜん横町』

わたしのしゅうぜん横町 作者: 西川紀子,平澤朋子 出版社/メーカー: ゴブリン書房 発売日: 2009/04 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 「たまげるこたぁないさ。カードだろうと洋服だろうと、皿だろうとネックレスだろうと…

イアン・ベック 『盗まれたおとぎ話』

本を読まない人でも、本がきらいな人でも、絶対に(100%に近い確信で言える)知っているおはなしがある。 ガラスの靴をはいて舞踏会に出かけるあの女の子や、いじわるな継母に毒りんごを噛まされちゃったあの色白の女の子、それから髪の毛のと~っても長…

上橋菜穂子 『神の守り人』

上橋菜穂子さんの守り人シリーズ第5弾。国際アンデルセン賞も受賞し、今年度イチ押しのシリーズ。 神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/07/28 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 37回 この商品を含…

上橋菜穂子 『虚空の旅人』

守り人シリーズ第4弾。なのに、バルサが出てこない。なのに、めっちゃ面白かったぁ。 虚空の旅人 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2008/07/29 メディア: 文庫 購入: 10人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (130件) を見る…

上橋菜穂子 『夢の守り人』

ここにきて、「まもりびと」ではなく、「もりびと」だったことが判明。巻末のシリーズ紹介のページをみた娘から「MORIBITO」の文字を見せつけられた時の、衝撃ったらない。 夢の守り人 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/12…

上橋菜穂子 『闇の守り人』

『精霊の守り人』シリーズ第2弾。 闇の守り人 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/06/28 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 27回 この商品を含むブログ (196件) を見る 『精霊の守り人』では単純に物語を楽しんだが、『…

上橋菜穂子 『精霊の守り人』

精霊の守り人 (新潮文庫) 作者: 上橋菜穂子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/03/28 メディア: 文庫 購入: 14人 クリック: 135回 この商品を含むブログ (353件) を見る 女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の第二王子チャグムの命を偶然に助けたことで、王妃…

マイケル・グルーバー『魔女の愛した子』

魔女の愛した子 作者: マイケルグルーバー,Michael Gruber,三辺律子 出版社/メーカー: 理論社 発売日: 2007/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 「おなかがすいているのね?でも、魔女は赤ん坊に食べさせて「やったりしないものなのよ・…

あさのあつこ 『NO.6』

理想だけじゃ、この世界は成り立たない。 NO.6♯1 (講談社文庫) 作者: あさのあつこ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/10/14 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (75件) を見る 2013年の理想都市「NO.6」。エリート居住区に…

斉藤洋 『遠く不思議な夏』

遠く不思議な夏 作者: 斉藤洋,森田みちよ 出版社/メーカー: 偕成社 発売日: 2011/07/05 メディア: 単行本 クリック: 27回 この商品を含むブログ (3件) を見る 子どものころ、母の郷里で過ごした夏休みの数日間。それは少し不思議で、戻れないからこそなつか…

アリスホフマン 『恋におちた人魚』

夏のはじまりに読みたい本が「すいかの匂い」なら、「恋におちた人魚」は夏のおわりに読みたい本。 恋におちた人魚 作者: アリスホフマン,Alice Hoffman,野口百合子 出版社/メーカー: アーティストハウス 発売日: 2002/07 メディア: 単行本 この商品を含むブ…