富安陽子 『ふたつの月の物語』

「それって、あの本の続編でしょ」 私が読みかけの本の表紙をのぞいて息子(小6)が言う。あの本の続編・・・あぁ、あれか。ちがうけど、わかる。 酒井駒子さんの表紙の印象に違いない。