読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

森絵都 『気分上々』

短編・アンソロジー エンタメ小説
スポンサードリンク

児童文学作品に定評があり、長編小説が本屋大賞にノミネートされる森絵都さん。しかし、彼女の魅力は短編にある。私が一番好きなのは児童文学だけど。

短編集『風に舞いあがるビニールシート』では、第135回直木賞も受賞している。

 

『気分上々』はあちこちの文芸誌やファッション誌に寄せた9つの短編をまとめたもの。その都度のテーマにそって書かれたものだけど、「こんな自分を変えたい」っていう共通したテーマを感じます。ストーリーというよりも、物語のおかれている状況がおもしろくて、それだけで、8割がた楽しめるっていうくらい。


*もくじ*
ウエルカムの小部屋・・・誰もがうらやむ理想的な婚約者と別れて、自称発明家の夫と結婚したわたし。新しく引っ越したマンションの部屋で、彼が最も興味をもったのはトイレの便蓋!?

 

彼女の彼の特別な日 彼の彼女の特別な日・・・彼女は、元彼の結婚式の帰りだった。彼は、祖母の四十九日を終えた帰りだった。偶然バーで出会った男女の小さな出来事をそれぞれの視点から描きます。

 

17レボリューション ・・・17歳の誕生日、あたしは親友のイズモに絶交を申し渡した。自分だけの確固たるものを見つけるため、千春は思い切った自分改革に乗り出すが。『きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション』に収録を前提に書かれた短編。

 

本物の恋・・・彼を忘れるはずがない。八年前、一組のカップルを追いかけた、あの人生最大の衝撃を受けた特別な夜。

 

東の果つるところ ・・・おまえの誕生を待たずに私は命を失うかもしれない。その前に、おまえに話しておかなければならない、一族の呪わしいひみつを・・・。

 

本が失われた日、の翌日・・・「あら、知らないんですか。本は昨日付でこの世界から失われたんですよ。」わずか3ページのショートショート

 

プレノワール・・・母の反対を押し切って、二つ星レストランのシェフになったジャンのもとに、母危篤の知らせが入る。最後まで相変わらずの母が最期に残した言葉の意味するところは・・・。

 

ヨハネスブルグのマフィア ・・・恋の始まりは黄熱病の予防接種。合同庁舎の待合室で、本を開いたまま1ページもめくっていない男に、わたしは心を奪われた。

 

気分上々・・・「グチも弱音もはかない、言いわけしない。むやみにペラペラしゃべらない。そんないい男になれ」という父の遺言を守り、高倉健のように無口な中学生活を送る柊也だったが、ある日我慢の限界が⁉


お気に入りは、「東の果つるところ」。一族のひみつは内緒にしておくとして、その呪縛が一目でわかる見開きの家系図は、ちょっとしたため息もので、何度も見返したくなる。

プレノワール」もいつか読み返したくなるおはなし。

「仮に、私がお前を認めることがあるとしたら、その時は花に姿を変えておまえに知らせよう」という遺言を残した母。おかしな言い伝えの残る古い村で奮闘する男の姿がコミカルで、ラストはおしゃれにしめてくれる。

 

新しい自分を見つけた人もうまく変えられなかった人もいいるけれどこんな自分もいいじゃないかと思えたら、気分は上々。時にブラックをスパイスにしたシュールな短編集はくせになるよ。

 

おすすめポイント

森絵都さんの短編集

◇コミカルでシュールな女子系小説

 

気分上々 (角川文庫)

気分上々 (角川文庫)

 

 

 

関連サイト

 

12年間の緊張と開放が詰まったリアルな森絵都を垣間見る短編集 | ダ・ヴィンチニュース