読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

センチメンタルでシュールな又吉直樹のおすすめ本

作家別
スポンサードリンク

 

芥川賞作家でもある又吉直樹さん。

又吉さんの初めての小説「火花」は、しっかりとした文章で構築されていて、ふだんあまり読書をしない人には少し読み進めづらく感じるところもあるかもしれません。

又吉さんは、小説以外にも自由律俳句集やエッセイなど、読みやすい作品が他にもあります。ここでは、読書好きな人はもちろん、あまり読まない人にもおすすめの又吉さんの作品を紹介します。

 

 『火花』

 

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

 

 

 

カキフライが無いなら来なかった   

せきしろ×又吉直樹『カキフライが無いなら来なかった』 - 青りんごの本棚

 

文筆家のせきしろさんとお笑い芸人の又吉さん。思いついたことを自由につぶやけばもらもう、俳句の出来上がり。こんなんでいいんですか。

「カキフライが無いなら来なかった」

いいじゃない、その調子。

と言ってぽんぽんと生まれたセンチメンタルでシュールな俳句とエッセイ集。

続編の『まさかジープで来るとは』と合わせて、私もお気に入り。

 

新・四字熟語

又吉直樹『新・四字熟語』

どこの仙人よ!と思わず叫びそうになる表紙。

又吉さんが新たに創作したありそうな四字熟語を、書道家・田中象雨が書き下ろしたコラボ作品。もちろん、笑えます。

 

  

第2図書係補佐

 

book-aoringo.hatenablog.com

 

又吉さんが作家として注目されるきっかけとなった1冊。本好き芸人として知られる又吉さんのおすすめ本エッセイです。なにか面白い本ないかなぁという中学生におすすめ。