読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

森浩美 『夏を拾いに』

青春・恋愛 小学生
スポンサードリンク

とにかく元気な少年たちが、夏を走り抜ける物語。
ギンギンに照りつける太陽、背丈ほども伸びた夏草のむんとする匂い、蝉の大合唱が聞こえてくる、「夏」な一冊。

読み終えた後、きっと自分の「夏」を探しに外に飛び出したくなるはず。

 

夏を拾いに (双葉文庫)

夏を拾いに (双葉文庫)

 

 

転勤を言い渡された夜、小学五年生の息子に語りだしたのは、『お父さんがちょうどお前と同い年のときの』夏の日々。


昭和46年の夏、ブンちゃん、雄ちゃん、つーやんの3人は、いつかじいちゃんから聞いた話を頼りに、どこかにまだ埋まっているかもしれない不発弾探しを始めた。

第二次世界大戦中に投下された無数の爆弾のうち、爆発しないまま、誰にも気づかれずに放置されている不発弾が、今年になっても発見されたりして、驚く。戦後70年もたつというのに、まだあるんですね。不発弾は眠っているだけで、爆発する危険もあるのだから、無闇に見つけようとしたり、近づいたりしてはいけない。のだが、少年たちにとっては宝さがしの冒険。

 


著者があとがきで「いつか僕なりのスタンド・バイ・ミーを書きたかった」というように、ノスタルジックな作品。昭和の少年だったおじさんたちには、「そうそう」とうなづいてしまう懐かしいフレーズもたくさん飛び出すのも楽しいかも。本の中で父親が息子にあの夏を語るように、親子で読んでみるのもおすすめです。

また、「文章が日本語として正しく、なおかつ読みやすい(あとがきより)」森さんの小説は、中学・高校の入試問題にも何度も採用されています。小学校高学年から共感でて楽しめる小説なのですが、少し長いので、夏休みにじっくりと読んでみてはいかがでしょうか。読書感想文にもおすすめです。

 

おすすめポイント

 

◇昭和の少年物語

◇親子で楽しめます

◇夏におすすめの本

◇読書感想文にもおすすめ