読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

アリスホフマン 『恋におちた人魚』

海外の本 SF・ファンタジー
スポンサードリンク

夏のはじまりに読みたい本が「すいかの匂い」なら、「恋におちた人魚」は夏のおわりに読みたい本。

 

 

恋におちた人魚

恋におちた人魚

 

 

 

 (BOOOKデータベースより)
親友同士の少女クレアとヘイリーにとって、今年の夏は悲しいことばかりだった。夏の終わりにクレアが遠くへ引っ越すことが決定し、いつも遊んでいたビーチ・クラブまで閉鎖されることになったのだ。そんなある日、ふたりはビーチ・クラブで嵐のために海から流されてきた人魚アクアマリンを見つけた。ビーチ・クラブで働く美しい少年に恋をしてしまったという。恋に悩み、やつれていくアクアマリンを救うため、ふたりの少女が考えだした計画とは?全米ベストセラー作家が贈る、キュートでせつないファンタジイ。

 

変わることを止められないもの、変わらないように続けることができるもの。
どうしようもないことと、どうにかできることがある。
「世の中って、そういいうふうにできている」ってつぶやきたくなる、ファンタジックでロマンチックなちょっと切ない夏の終わりの匂いのするおはなし。

 

ワガママでキュートな人魚が、妹のようでなんか憎めないんだよね。

 

文字も大きくページ数も少なめなので、さらっと読めておすすめ。
残暑が残るうちに読んでほしい、夏の終わりの1冊です。
女の子向けです。