読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

乙一 『GOTH―リストカット事件』

SF・ミステリー・ホラー ドラマ・映画化
スポンサードリンク

人の秘密を知りたいと思う。

しかし、同時に人の秘密を知ることは怖いことだ、とも思う。

もし、いま目の前に手帳が落ちていたら、あなたなら拾って中を開くだろうか。

秘密の匂いがしそうなその手帳の前を、私なら素通りできるだろうか。

そしてもしも、その拾った手帳が連続殺人事件の犯人が記した殺人日記だったらどうだろうか。

 

GOTH―リストカット事件

GOTH―リストカット事件

 

 

クラスメイトの森野夜が拾った手帳をぼくに見せた。
少女を殺害した様子が細部まで記されているその手帳の持ち主は、連続少女殺人事件の犯人しかいない。

僕たちは手帳をたどり、まだ発見されていない死体を見に行くことに…。

 

殺人事件や凶悪犯罪に興味のあるぼくと、なぜかそうした事件によく出くわす(もしくは引き寄せている?)森野夜。
ふたりのもとへ、次々と事件がめぐってきます。

 

どの事件も、悪趣味ともいえる残忍さと冷酷さがあり、そうした物語が苦手な方にはおすすめしません。

 

乙一さん、お気に入りの作家さんです。

個人的には、怖かったけどおもしろかった。「そうくるか!!」という予想を裏切る展開には、文字で書かれた物語だからこそのトリックも味わえ、思わずもう一度読み返したり。やられたなぁ。乙一さんのはぐらかされるような雰囲気が好きなので、存分に堪能させていただきました。

 

文庫本では、「僕の章」「夜の章」に分けているようです。文庫では乙一さんのあとがきも読めますよ。

 

おすすめポイント

 

◇第3回本格ミステリ大賞受賞

ラノベ風さっくりミステリー

◇黒乙です。

 

乙一を読む

 

乙一 『暗いところで待ち合わせ』 - 青りんごの本棚

乙一『きみにしか聞こえない―CALLING YOU』 - 青りんごの本棚