読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

上橋菜穂子 『闇の守り人』

SF・ファンタジー
スポンサードリンク


精霊の守り人』シリーズ第2弾。

 

闇の守り人 (新潮文庫)

闇の守り人 (新潮文庫)

 


精霊の守り人』では単純に物語を楽しんだが、『闇の守り人』では、物語の魅力に加えて揺さぶられるような感動があった。きっとまたいつかこの本を読み返す。『闇の守り人』を読んでほしいので、『精霊の守り人』をおすすめしたいほど。


チャグムとの旅を終えたバルサは、生まれ故郷のカンバルへ。

バルサの父は、カンバル王ログサムの医師であったが、王の陰謀に関わったために殺され、父の親友であったジグロは、幼いバルサを連れて、国を離れ、彼女を育てた。25年ぶりに故郷のカンバルを訪れたバルサ。それは、ジグロを弔う旅だったのだが、歴史はねじまげられていた。バルサはジグロの汚名をそそごうとするが…。そんな折、カンバル国では洞窟の奥にある<山の底の扉>が開いたという知らせが入る。それは、<山の王>からの<ルイシャ贈りの儀式>の合図であった。

精霊の守り人』同様、伝説の謎を解き読みたくて次々と読み進めたくなるが、ストーリーが読み手を急かすようなことはなく、語りを聞いているような耳触りのいい文章に、物語の世界をじっくりと味わうように惹きこまれていく。

特に、カンバルに伝わる闇の守り人<ヒョウル>と舞い手が向かい合い、その正体が明かされるシーンの描写は鳥肌もので、胸に迫る思いに驚きと感嘆の声がもれた。

 おすすめポイント

 

 

◇シリーズ第二弾

◇光村図書小学6年生国語教科書、巻末付録「この本、読もう」で紹介。

 

上橋菜穂子さんの作品を読む

book-aoringo.hatenablog.com