読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

富安陽子 『ふたつの月の物語』

SF・ファンタジー SF・ミステリー・ホラー
スポンサードリンク

「それって、あの本の続編でしょ」

私が読みかけの本の表紙をのぞいて息子(小6)が言う。
あの本の続編・・・あぁ、あれか。

「ちがうけど」とわたし。
「だって、同じ表紙じゃん。見たことある」と息子。
言いたいことはわかるけどね。違う作者さんなんですよ。

あの本って、たぶんこれだよね。

追放されしもの (クロニクル千古の闇 4)

 

こんな抽象的な会話で私も息子も読んだことがない本のカバーが、思い浮かぶ。それほどに、酒井駒子さんの描く少女の印象が強いのだと思う。酒井さんの絵はいつも、幻想的で美しく、語りかけてくる強さを持っている。

今読んでいる『ふたつの月の物語』だって、ジャケ買いだもの。

 

ふたつの月の物語

ふたつの月の物語

 

 

富安さんといえば「ドングリ山のやまんばあさん」でおなじみ。小学生向けの童話作家さんというイメージが強いですが、この作品は子どもから大人まで楽しめるミステリアスな物語。いい意味で期待を裏切られた。

 

里子を探している老女・津田節子。
里子を選ぶ際の条件は、十四年前の四月に生まれて、血縁者が一人もいないこと。
そして、月に関する出生のてがかりをもっていること。

最初の数ページで、謎めいた展開に心をつかまれてしまう。

 

こうして里子候補に選ばれたのは、養護施設で育った美月(みづき)と、育ての親を亡くしたばかりの月明(あかり)。ふたりの少女は、夏休みの間、津田さんの別荘で過ごすことになった。そこは、十四年前にダムの底に沈んだ村を見下ろす湖があった。

ふたりはなぜこの別荘に呼ばれたのか。里子を選ぶ時のあの奇妙な条件はなんなのか。
そして、美月と月明にも人には話せないひみつがあった。

 

「秘密って、ツルイバラの花のにおいがするのよ。」(P70)

このみづきの台詞もまた、彼女の秘密に通じるヒントになる。

ラストシーン…それまで、感情が読みとれず冷淡にさえ見えていた津田さんの選んだ物語には、思いがけず涙。母親目線で読んじゃったからかな。

表紙の持つ雰囲気そのままに、幻想的なファンタジーミステリー。

ファンタジーはあまり読まない女子中学生におすすめしたい作品。