読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

モーリス・ドリュオン『みどりのゆび』

海外の本
スポンサードリンク

 

自分がなぜここにいるのだろうか?と考えることはありませんか。
いえいえ、若年性健忘症ではありません。(たぶん大丈夫)
自分はここで必要とされているのか?
自分の役割はなんだろう?ということです。

 『みどりのゆび』は、そんな本。

みどりのゆび (岩波少年文庫)

みどりのゆび (岩波少年文庫)

 

 

この物語の主人公、チトは本当はフランソワ=バチストという名まえですが、みんなからチトと呼ばれています。
かわいい名まえですね。
チトが生まれたミルポワルの町は、世界じゅうに有名な、鉄砲をつくっている町です。とりわけ、チトのおとうさんの工場は、町のじまんの財産でした。つまりチトのお父さんは、町で一番の鉄砲商人なのです。

 

学校へ行ったチトは、≪ほかのこどもとおなじではないから≫という理由で、学校をおいだされてしまいます。かしこいおとうさんは、チトにあたらしい方法の教育をやってみようと思いつきます。それは、庭やはたけや町や工場が、どんなふうになっているのかじっさいに観察させようというのです。けっこう、画期的じゃありませんか。

 

そうして一日目、チトは庭師ムスターシュから庭のことを教えてもらうことになりました。そこで、さいしょのべんきょうで、チトは、自分にはとくべつな才能があることを知ります。それは、チトには「みどりのおやゆび」があるということでした。宇宙ものSFではありませんよ。こちら、どちらかというとファンタジーです。みどりのゆびというのは、つまり、めったにないたいへんなことで、とくべつに神さまがくださったすばらしい素質なのです。

 

みどりのゆびが何なのかは、ぜひ本を読んで確かめていただくとして。このみどりのゆびで、ミルポワルの町には次々と奇跡がおこるのですが…。

学校から、ほかのこどもとおなじではないと言われたチトとまわりのみんなはとても不安で悲しくなります。でも、チトが自分にみどりのゆびがあることを知り、行動したことで、まわりをいい方向に変えただけでなく、自分も自信をもつことができました。自分を知ることは、生きる意味を与えることなのかもしれません。そして、チトが「みどりのゆび」をもっていたように、だれもが自分だけのとくべつな素質がきっとあるはずです。

 

おすすめポイント

 

◇世界の名作

岩波少年文庫

 

書評コミュニティ「<a href="http://www.honzuki.jp/" target="_blank" title="本が好き!">本が好き!</a>」で、<a href="http://www.honzuki.jp/book/status/no89582/index.html" target="_blank" title="ぱせりさんのレビュー">ぱせりさんのレビュー</a>で出会った1冊です。素敵な本の紹介ありがとうございました。