読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

有川浩 『明日の子供たち』

エンタメ小説
スポンサードリンク

 

児童養護施設という設定でのこのストーリーは「少し爽やかすぎやしないかしら」と感じたが、最後まで読んでみて、しっかりとした取材をもとに書かれたものであるだろうし、そこで生活する子どもたちや職員の本音に近いものが語られているのだろうという印象を受けた。テンポのいいストーリー展開にひきこまれる。

有川作品らしく、しっかり恋バナもあり。
今後のあのカップルの行方もまた気になるなぁ…。

(BOOKデータベースより)
三田村慎平・やる気は人一倍の新任職員。
和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。
猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。

谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。
平田久志・大人より大人びている17歳。

想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。

 

 おすすめポイント

児童養護施設を舞台にした小説

 

 

 わたしの感想メモ


ここに描かれているような施設は全国にあって、実は案外身近に存在していたりするのだけど、「よく知らない」人が圧倒的に多いと思う。それでいいのだとも思うが、施設も問題を抱えていて、それを解決する手立ては私たちにもあるのだと気づかせてくれる。

こういう「よく知らない」事情に興味をひかせうまく巻き込む手法、有川さんって本当に上手です。

ページ数が多いわりに、さっくりと読める。有川さんの作品は、ストーリーのテンポのよさに加えて、文字の大きさや文中の単語・漢字の読みやすさなど、10代の読書に「ちょうどいい」なぁといつも感じます。

 

明日の子供たち

明日の子供たち