読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

伊吹有喜 『なでし子物語』

文学小説
スポンサードリンク

 


(BOOKデータベースより)
父を亡くし母に捨てられ、祖父に引き取られたものの、学校ではいじめに遭っている耀子。
夫を若くして亡くした後、舅や息子と心が添わず、過去の思い出の中にだけ生きている照子。
そして、照子の舅が愛人に生ませた男の子、立海
彼もまた、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しんでいる。
時は一九八〇年、撫子の咲く地での三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かしはじめる―『四十九日のレシピ』の著者が放つ、あたたかな感動に満ちた物語。

 

 

表紙では女の子ふたりに見えるけど、これ、耀子ちゃんと立海くん。
遠藤家では、幼い男の子を女の子として育てるという古いしきたりがあって、体の弱い立海を丈夫に育てたいという親父様・龍巳の希望で療養を兼ねてこの土地へやってきます。

 

四十九日のレシピ』のような軽いテンポの小説をイメージして読み始めたのだけど、いい意味で期待に逸れて、じーんとくるいい作品でした。

 

心をとらえられたのは、耀子と立海、ふたりの無邪気な幼さ。
反面、ひとりぼっちという孤独。
だからこそ、ふたりでいる時の家族のようなお互いを思うひたむきさがうれしくなる。

だけれども、心に響いたのは照子の言葉ばかりなのだな。

 


(207ページ)
その瞬間を母親は鮮やかに覚えているのに、日々の重なりのなかで子どもたちは忘れていく。
ほおを寄せて笑ったことを、手をつないで歩いた夜のことを。

そっけない息子の文面が心によみがえる。
何も覚えていないのだろう。そして気づくこともない、不器用な母親たちの思いを。
(中略)
でも、それでいいのかもしれない。
そうでなければきっと――子どもたちは母のもとから巣立てない。

 


「ドリフ」をみせろと屋根に上って要求する幼い子どもたちは、たぶんわたしと同時代の子どもたち。
でも、もうおばあちゃん世代の照子の方に気持ちは近いのかもしれない、と読みながらも苦笑いしてしまった。
新婚旅行の夜を思い出すシーンでは、なぜか泣けた。

 

四十九日のレシピ』とはテンポが違った作品だけれど、本を読みながら映画のようにストーリーが流れるところは、作者のもつ力なのだろうな。


ぜひ映画化を。
わたしスクリーンでは、照子は岩下志摩でございます。
シルクの下着にヒール姿が見たい。
いや、回想シーンだから若手女優さんでもいいのか。

 

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

([い]4-3)なでし子物語 (ポプラ文庫)

 

 

おすすめポイント

 

◇家族の物語

◇心があたたまる本

◇入試出典
2014年 清泉女学院中学高等学校 中学入試国語出典作品

 

おすすめの記事

 

中脇初枝 『きみはいい子』 - 青りんごの本棚