読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ』

青春・恋愛 短編・アンソロジー
スポンサードリンク

 

 

はじめての短編集は、一気にみつごを生んだようで、喜びも三倍。出来はともかく、それぞれがちがう顔をしていて、それぞれに思い入れがあります。

 

この短編集大好きです。ピアノの表紙もおしゃれでしょ。森絵都さん、この短編集についてあとがきでこんな風に語っています。ピアノを弾きながら、いつかピアノ曲をテーマにした短編を書いてみたいと生まれた作品たち。ピアノ曲の題名がそのまま作品のタイトルになっています。では、そのみつごたちを曲付きで(ただのリンクです)紹介していきます。


*もくじ*
子供は眠る ロベルト=シューマン<子供の情景〉より
彼女のアリア J=S=バッハ <ゴルドベルグ変奏曲>より
アーモンド入りチョコレートのワルツ エリック=サティ<童話音楽の献立表>より


子供は眠る ロベルト=シューマン<子供の情景〉より

ぼくら5人のいとこは、夏休みに章(あきら)くんの別荘に集まるのを楽しみにしている。ぼく、智明、ナス、じゃがまる、そして一番年上で中三の章くん。昼はたっぷり遊んで、夜には章くんが選ぶクラシック音楽の鑑賞会をする。楽しかったはずの夏の別荘だったけれど、今年は章くんとの関係もなんだかしっくりこない・・・。子どもから大人になり始めるときの純粋さと現実を見る目の入り混じったあの・・・。

 

 彼女のアリア J=S=バッハ <ゴルドベルグ変奏曲>より

この作品お気に入り。
球技大会をサボって旧校舎へと向かったぼく。誰もいないはずの建物で聴こえてきたピアノの音。それは、ぼくもよく知っている曲だった。かの有名なバッハが不眠症患者のために作ったゴルドベルグ変奏曲だ。不眠症のぼくにとって、眠れない夜のパートナー。曲を弾いていた藤谷りえ子も、もう二か月も不眠症だという。不眠症患者どうし、ぼくらは毎週、この元音楽室で落ち合うように・・・。淡い恋心を描く胸キュンストーリーです。

 

アーモンド入りチョコレートのワルツ エリック=サティ<童話音楽の献立表>より

絹子先生は、わたしたちのピアノの先生で、わたしと君枝は、絹子先生のピアノ教室の生徒。絹子先生はちょっと変わっていておもしろい、魔女みたいでもある。ピアノが弾けない日は宇宙人の話をしてくれたり、即興で曲を弾いて聴かせてくれたりする。そんな絹子先生の最愛の人は、二十世紀前半に活躍したフランスの音楽家サティ。ある日、絹子先生のうちに、サティのようなフランス人・ステファンがやってきて・・・。絹子先生とわたしと君枝とサティおじさんの、楽しいことがつまった木曜日のレッスン。

 

あたしたちが大人になったらさ、好きなもんを好きなように好きなだけつくって、そんで毎日を木曜日みたいに、きらきらさせてやろうな

 

お気に入りの君枝のセリフ。大人になるといろんな事情に縛られることも多くて、子どものころに大切に思っていたきらきらした日々を忘れてしまうのかもしれない。でも、忘れずにいれれば、またきらきらした日々は取り戻せる。

 

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)

 

 

おすすめポイント

 

◇ピアノと奏でる、森絵都さんはじめての短編集

◇音楽をテーマにした本