読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ

戦争・平和 絵本 伝記・人物
スポンサードリンク

私も子どもたちもおさるのジョージが大好きです。あの素直さ、やんちゃさ、愛くるしさ、きっとみなさんも思ったことがあるはず

 

「これってウチの息子そのまんまじゃないか~」

 

えぇ、えぇ、わかりますとも。世界中の息子のそっくりさん、ジョージ。ジョージを見ていると、息子のやんちゃぶりも許せそうになるから不思議。(実際にはそんなに甘いことばかりじゃなく、そろそろ穏やかに暮らしたいわたし)

 

「ひとまねこざるときいろいぼうし」が出版されたのは、1941年。実に、今から70年も前のこと。長い間、世界中の子どもたちに愛されてきました。シンプルな笑いと愛らしさは、普遍的なものなのでしょう。

 

おさるのジョージ しょうぼうしゃにのる

 


「戦火をくぐりぬけたおさるのジョージ―作者レイ夫妻の長い旅」は、ユダヤ人だったレイ夫妻が、1940年当時、当時暮らしていたパリから、ナチスの侵害を逃れてアメリカに渡り、そして最初のジョージの絵本「ひとまねこざるときいろいぼうし」が出版されるまでを追っています。とはいえ、詳細に記録されたものは残されておらず、このことに興味を持った著者ルイーズ・ボーデンは、レイ夫妻が残した、手紙やノートや手帳、写真を細かく調べ、実際にパリの街を歩き、ふたりの足跡をたどりました。

写真やイラストのほかに、直筆の手帳やチケットのコピーをコラージュのようにちりばめた、レイ夫妻のアルバムをのぞき見たような絵本でした。

戦争中です。追手を逃れて逃げる日々には、逃げるときの怖さや厳しさ、ここには描かなかったいろんな思いがあっただろうなぁ。 <strong>「それに何より、ふたりいっしょでした。」 </strong>の一文がこの絵本を一番語っていると思う。映画「ライフイズビューティフル」のようだった。絵本ですが、文字数・ページ数もそこそこあり、じっくり読めるタイプの絵本でした。

 

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ―作者レイ夫妻の長い旅 (大型絵本)

戦争をくぐりぬけたおさるのジョージ―作者レイ夫妻の長い旅 (大型絵本)