読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

「ぼくの父さんは、自殺した。」ーその一言を語れる今

ノンフィクション 実用・新書
スポンサードリンク

今、日本で自殺をする人は年間約三万人にのぼるという。
未遂者をふくめると、その数はさらにふえる。


NPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」代表である清水康之氏はいう。
自殺は「個人の問題ではなく社会の問題」、自殺は「自ら選んだ死」ではなく「追いつめられた死」と。
目指すべきは「生き心地のいい社会」を築き上げることだろう―――。

 

本書の主人公は、中学二年生のときに父親を自殺で失った青年である。
父の死を自殺と言えなかった。

自殺をなくすため、自殺について語られる社会へ。

 

私にできることなんてあるのだろうか、と思わなくてもいい。
語ることで向き合うことができるように、私たちもまた、知ることで何かをつかむことができるはず。

 

大きめの文字にわかりやすい言葉で書かれた本著は中学生におすすめの本ですが、大人の人にもぜひ、お子さんと一緒に読んでほしい内容でした。

 

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)