読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

石井睦美『卵と小麦粉それからマドレーヌ』

中学生 児童文学
スポンサードリンク

先日読んだ『コンビニたそがれ堂』のページの後ろで紹介されていて、読みたくなった本。

ポプラ文庫ピュアフルいいなぁ。
タイトルに偽りなしという感じで。
中学生女子にぴったりなやわらかさと、爽やかさと、しっくりくる文章と。

 

 

中学に入学したばかりの菜穂は、「もう子どもじゃないって思ったときって、いつだった?」と話しかけてきた亜矢と仲良くなる。順調に思えた中学生活だったけれど、13歳の誕生日にママがフランスに行くと言い出して…!!

こういう素直で健やかな女の子、好きだなぁ。親にいつまでも甘えていたい菜穂と、親を思いやれる亜子と、しばられることに異和感を感じ始めてるまゆ子と、それぞれ素直な13歳の反応が、くすぐったい。

 

母でもある私としては、菜穂のママの行動力と周りの包容力が、うらやましくもあったり。娘とママと一緒に読んでも、それぞれ共感できる部分がありそうです。

みんないい大人と友だちに囲まれてるよね。

 

卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)

卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)