読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

川島誠『神様のみなしご』

中学生 児童文学
スポンサードリンク

 

たまたま、なのだけれど。
一昨日、図書館の予約本『きみはいい子』を受け取って、家に帰ると本が届いた。

たまたま、なのだけれど、どちらもやりきれなさのある物語。

続けて読むと相乗効果で、さみしくなる。

 

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』で金原瑞人さんのおすすめ。やっぱり金原さんは本の紹介がうまいなぁと思う。図書館でも見つからず、書店でもおいてないので、ポチる。

 

書店派とはいえ、欲しい本が簡単に見つかる手軽さと家まで届けてくれる便利さはつい頼りにしてしまう。

 

海辺の養護施設・愛生園ですごす「ワケあり」な少年少女たちの物語。

人生のすべては、大人の都合である。

「前にいた中学では、人殺しって呼ばれてました。父が犯罪者だからです。…ふたりを区別する必要があるときは、ぼくはBって呼ばれてました。人殺しのB。兄は人殺しA」
自分たちをそんな風に自己紹介する双子の宮本兄弟。

 

それを素直で無邪気に「人殺し、シュート、シュート」なんて言っちゃうのはゴウジ。

小6とは思えないチビでやせっぽち。愛生園ではおいしいごはんが食べられておかわりもできるから幸せだって感じてる。

 

最年長の浅田さんは、今年中学を卒業するから園を出て働こうと思ってる。どっか、住み込みのとこでも。

 

こいいうのは全部、親のせいなわけよ。
ほら、結局、あれだよ。聞いたことあるだろ。こどもは親を選んで生まれてくることはできない、って。
そりゃ、そうだわな。
だけど、おまえも俺の親みたいなやつらに当たってみろよ。人生のデビューでだぜ。
最悪。こっからね、どうやって、取り返してってらいいんだ?
教えてくれよ。

 

自虐的でいて、だからって腐れてばっかもいられないでしょっていう、どこか卓越した感もある彼らの「生きてる」がリアル。

 

だれでも楽しめる本ではないけれど、この本が必要な人もきっといる、そんな本。

私は川嶋さんの直球な物語が好きだよ。

児童文学のジャンルに入れてますが、大人もぜひ。

 

神様のみなしご (ハルキ文庫)

神様のみなしご (ハルキ文庫)