読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

市川朔久子『紙コップのオリオン』

中学生 児童文学
スポンサードリンク

 

生徒会や委員会活動って部活動に比べて、地味というか、注目度も熱中度も低めなのはなんでだろう。
内申では好感度が高めという理由で「所属」したいって人は多いみたいだけど。
それって、どうなの。

 

論里(ろんり)は中学2年生。
ある日、母さんが書き置きを残して突然家出をするし、学校ではひょんなことから「創立二十周年記念行事実行委員」をすることになる。一緒に委員をすることになったのは、同じクラスの元気と水原白(ましろ)と河上大和。

ましろはちょっと変わっている女の子。あちこちはねた髪の毛にぶっきらぼうな言い方、空に色図鑑を掲げて色の確認なんかしちゃうような。大和とは小学校のころは仲がよかったけれど、今ではいつもひとりで無口でやたら目が鋭く、先生からの呼び出し回数もダントツトップってやつ。

いったいどうなるのこれ?って投げ出したくなるようなことが次々に起こるんだけど、論里はものすごくいい奴で、そんな状況にも「まぁなんとかなるか」って感じで、明るくやり過ごす。

 

家出した母さんは、ブログで旅先からの写真をアップしたりなんかして。血のつながりのないお父さんとの関係も少しづつ変わってきたり。やる気のなかった委員会も思いつきで出したキャンドル・ナイトのアイデアが採用されたり。だけど、果たして12月の寒空の中、キャンドルイベントは成功するのでしょうか。頑張りすぎないつもりの論里だったけれど、イベント成功に向けてすっかり夢中になっちゃうんだよね。

いいアイデアやイベントは一人の力では到底できない。みんなで少しづつ意見を出し合って、ぶつかり合って、いいところを認め合って、ひとつの形を作り上げていくのは、実際に体験した人にしかわからないおもしろさがあります。委員会や生徒会活動もいいなぁって思える1冊です。

 

おすすめポイント

 

◇高学年から

◇委員会や生徒会がテーマ

◇読書感想文にもおすすめ

 

紙コップのオリオン

紙コップのオリオン