読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

千原ジュニア『14歳』

中学生 エンタメ小説
スポンサードリンク

 

著者は、吉本興業所属、実兄・千原靖史とのお笑いコンビ”千原兄弟”の千原ジュニア。ちょっと毒舌でひねりのきいたしゃべりが小気味よく、頭の回転の速さもうかがえる著者のリアルな14歳をつづった自伝的小説。

 

小説というより、心の叫びが直球で飛んでくるような本です。14歳って、素直で繊細で、いろんな感情がうずまく多感な時期なのだと、過ぎ去った今だからこそ、客観的にそう言えるのだと思う。

 

私がいまそうしたように、大人は14歳たちをわかりやすく同じ言葉でまとめようとしているけれど、14歳たちは、そんなこととは一切関係なしに、それぞれひとりで戦っている。彼らが探しているのは、”自分”であって、決して自分を入れておくのに都合のいい器ではないということ。そんな心の叫びを一球一球、落とさずにキャッチしてあげたい、と思わされる。

 

いま、自分がしたいことがわからずに悩んでいる人、何かを見つけたくてもがいている人、きっと共感できる部分があると思います。あなたにも、きっと、何かが見つかることを祈っています。

 

これは、ある14歳の物語。
パジャマを着た少年の物語。
僕自身の物語。
僕はもう何ヵ月もパジャマ暮らし。
パジャマの少年を不思議がる人たちの視線にも
慣れている。

 

14歳 (幻冬舎よしもと文庫)

14歳 (幻冬舎よしもと文庫)