読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

梨木香歩 『西の魔女が死んだ』

中学生 文学小説
スポンサードリンク

 

西の魔女が死んだ。」

中学生になってまもなく、学校へ行けないまい。まいは祖母のもとで一緒に「魔女修行」をしながら暮らすことになった。

豊かな自然に囲まれ、あるがままを受け入れてくらすこと。そして、祖母のいう「魔女修行」とは、何でも自分で決めるということだった。不登校だったまいが自分と向き合い、自然に癒され、自分を見つけていく姿を清々しく描いています。


 わたしの感想メモ

ぺーじをめくってまず最初の一文が「西の魔女が死んだ。」
タイトルと同じこの文章を読んだ瞬間、まだなにも始まってもいないのに、ことばがするりと流れ込んできて、すでに自分が梨木ワールドに引き込まれていると気付く。

学校の中でとまっていたまいの時間が、祖母とくらすことで緩やかに動き出す。風を感じたり影を見つけたりするような、時間の流れが緩やかな小説ほど、「時」を愛しく感じる。

縁側に座り、足元には洗面器にハーブ水を準備して読みたい。私には珍しく、単行本よりも文庫本の表紙の方が好き。文庫本では、その後のまいの物語「渡りの一日」も収録されています。

 

おすすめポイント

 

◇第44回小学館文学賞受賞

◇児童文学者協会新人賞受賞
新美南吉文学賞受賞
◇映画「西の魔女が死んだ」原作

 

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)