読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

三谷幸喜『清須会議』

エンタメ小説
スポンサードリンク

三谷幸喜ってだけで、おもしろそうと軽く飛びついてみたら、歴史モノなのね。
巷では、歴女ブームもまだまだ健在のようですが、歴史は得意ではない分野。
でもまぁ、そこは三谷幸喜だからと読んでみる。

信長亡き後の織田家の当主となるのはいったいだれなのか。
時代を動かす大事な会議が清須で開かれた。集まったのは、家老連中。お館様・命の筆頭家老の柴田勝家、これを機に織田家乗っ取りの野望をいだく羽柴秀吉、その秀吉に夫と息子を殺され憎しみ消えぬお市の方…。戦国の歴史に名を連ねる大物たちのリアル独白劇!!


お市の方同様、秀吉が好きではないわたし。この本読んでますます「やなヤツ~」と思っちゃった。思ったよりもおバカな信雄に早々と見切りをつけて三法師様に乗り換えちゃう変わり身の早さには、口をあんぐりしちゃうし、策略のうまさには思わず「やるなぁ~」と感心しちゃったりもするのだけど。うまく立ち振舞っているつもりでいて秀吉に踊らされちゃってる柴田勝家がおもしろいが、笑えん。お市の方に熱をあげてる場合じゃないぞ~と爺様に喝を飛ばしたくなっちゃったわ。

歴史が決して得意ではない私にも、それぞれの対立や利害関係がわかりやすく、読みやすいです。
歴史が得意ではない人も楽しめる。歴史好きな人には、これまでにないタイプの歴史コメディものとして新しいおもしろさが味わえるのではないでしょうか。
信長や秀吉が好きな中学生は多いのでは?ぶっちゃけの関係が見えて、歴史も入りやすいかも。

こんな気分じゃないよ、とか言いつつ、気が付いたら鬱々していた気分がふっとんでたりして。

 

清須会議

清須会議