読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

岡田依世子『ぼくらが大人になる日まで』

小学生 児童文学
スポンサードリンク

中学受験を目前に控えた小6たちの物語

 

自分のために、あるいは親のために。何かをめざして、あるいは何かから逃れようとして。それぞれの理由を抱え受験するために進学塾に通う六人の物語。

目指す受験の先に何があるのか。
―ぼくたちは大人を信じていいのか。
人生の最初の岐路に立つ、6人がそれぞれに自分で選んだ道とは…。


自分で人生を選んで進んでいくのは、勇気のいることだし、難しいことだと思う。
でも、それが自分の人生を歩むということではないかと思う。
ここに出てくる6人は、はじめはどうであれ最後には自分の考えで選択し自分の人生を踏み出していく。最後は前向きになれます。

 

 おすすめポイント

◇中学受験をテーマにした物語 

ぼくらが大人になる日まで

ぼくらが大人になる日まで