読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~10代の読書案内~

重松清『エイジ』

中学生 児童文学
スポンサードリンク

ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった犯人は、同級生だった―。その日から、何かがわからなくなった。ぼくもいつか「キレて」しまうんだろうか?…家族や友だち、好きになった女子への思いに揺られながら成長する少年のリアルな日常。

 

自分のバランスをうまくとれなくなる時って、ある。
事件を起こしてしまったタカやんの「キレた」感情も、日常を安穏と生きているかのようなエイジの自分への苛立ちも、よくわかる。
なにかをつかもうとしたり、捨てたり、拾ったり、そんなことを繰り返しながら人は成長していくのだと感じます。

 

おすすめポイント

 ◇中学2年生の物語

山本周五郎賞受賞作

 

エイジ (新潮文庫)

エイジ (新潮文庫)