青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』

コンゴスーダン
世界中が平和を謳ういまの時代、平和のための援助を世界中から受けながらも、アフリカでは戦争が続き何十万人という人の命が無惨に奪われています。生きていても、少年兵士として強制的に闘いに参加させられている人も大勢います。

 

なぜこうした戦争はなぜなくならないのか?

(なくすための取り組みをしているにも関わらず)

 


世界情勢を踏まえた、その驚くべき答えがこの本で分かりやすく書かれています。
著者は『ぼくは13歳 職業、兵士。―あなたが戦争のある村で生まれたら』の小川さん。2005年よりテラ・ルネッサンスのアフリカ駐在代表として、ウガンダ及びコンゴ民主共和国における元子ども兵士社会復帰プロジェクトに取り組んでいます。

 

10代にも分かりやすいように書かれていますが、そもそも「アフリカ」「民族紛争」「植民地支配」「欧米意識」といったものが10代の日本人にとって簡単には理解しづらい言葉でもあり、さらに複雑な世界情勢も絡んでいるため、これを読めばすべてすんなりと理解できるというものではないでしょう。それでも、「読めるところだけでも読んで。分かるところが少しでもあるはず」と薦めたい。

 

実は、遠いアフリカの国々の戦争が、日本の私たちの暮らし方と無関係ではないということも見えてきます。驚きますね。


こうした国々に援助のための募金活動をしている学校も多いと思います。そうした活動はもちろん大切ですが、合わせて、戦争が起こりうる理由を調べてみることもおすすめしたいです。

 

いま現在の私たちの平和も、だれかに都合よく作られているためのものなのかもしれない、と自分の足元を揺らされるような思いです。

 

ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?

ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?