読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

福田隆浩『ブルーとオレンジ』

教室の中には、目には見えないカースト制度がある。

カースト制度っていうのは、力関係のこと。

ごくごくふつうの小学5年生の男の子ブルーと、ごくごくふつうにしたいと思う女の子オレンジ。ふたりはクラスメイト。


スポーツが得意、頭がいい、おもしろいとかクラスで人気のある人がそのカーストのトップにいる。なぜか怖い人とか意地悪な人が、このトップにいることも多いんだよね。

トップにはいない自分が、どのポジションに立つべきか見極めることは、教室の中で最重要課題といえる。目には見えない力関係の流れに、のるか、のらないか、気づかないか←この人はある意味しあわせ。
それはそのまんま、「やるか」「やられるか」「はじかれるか」につながる。

 

 

「いいかえしたいことが山ほどあった。でもいえなかった。心の中で考えたことは、いざ口から出そうとすると、どこかに吸い込まれていくんだ。ビューンてね。それに、八木沢くんが、ぼくの話を聞いてくれるはずがないってことはもうわかってた。だってさ…ぼくはピラミッドの下のあたりにいる人間なんだよね。」とブルーは言う。

 

「だって、クラスのなかでの峰岸さんの存在っていうか影響力はすごいもん。みんながみんな、いつも彼女の顔色をうかがってるんだからね。こんなのって、以前はなかったと思うなあ。でも高学年になってみて、気がつけばそうなってたの。力関係が決まってしまったっていうか、そうなったらもうなかなかさからえないっていうか……。」これはオレンジの言い分。


クラスの中に流れ出すなんとな~く居心地の悪いあの感じ、そう、いじめが始まりそうな空気があらわれはじめたとき、ふたりはどんなことを思い、どんな行動をとるのか?ブルーとオレンジ、それぞれが語る章で書かれているので、男の子、女の子、どちらの考えも見えるよ。

同じような経験をしたことがある人には、共感できるところがあるはず。


もちろん、そんなカースト制度はないほうがいいに決まっているけど、いじめが一向になくならないという現実は、カーストの存在を安易に物語っていると思うんだよね。どうしたらいじめをなくすことができるかって?そんなの簡単。このカースト制度を崩壊させればいいのよ。

 

おすすめポイント

 

◇いじめをテーマにした本

◇高学年におすすめ

 

ブルーとオレンジ (文学の扉)

ブルーとオレンジ (文学の扉)