青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

又吉直樹 『第2図書係補佐』

又吉の所属する漫才コンビピースのネタを見たのは、いつのことだったか。
M-1以来見てないような気がする。バラエティではよく見かけるが。

 


漫才を見るよりも、彼の書いたものを読んでいる方が最近では多い。それくらい、本業のお笑い芸人よりも作家としての活躍が目立っている又吉さん。

 

読書家であり、熱狂的な太宰ファンでもあるピース又吉直樹による、「ぼくとこの本」的エッセイ集。


本書は、劇場で配布されるフリーペーパーに寄せたコーナーを1冊にまとめたもの。お笑い劇場×真面目に本を語るの構図は、一見ちぐはぐにみえるのだけど、そこで語られる又吉のエピソードがまた笑える。一流の高校サッカー部に所属し、本を愛し、おかしなことに夢中になり、孤独が得意な又吉は、お宝のように面白いはなしをたんまりとため込んでいる。

 

そう、この本、又吉にとって思い入れのある本を紹介している本ではあるけれど、本についての文章よりも又吉エピソードの方が多い。本:又吉=2:8くらい。なのに、読んでみたいと思わされる本がたくさん。テクニックのある書き手です。

 

笑えて、不思議で、どこか前向きになれるエッセイたちは、国民的笑えるエッセイスト・さくらももこ的でもあり、ぜひ、小学校高学年くらいから読めるエッセイ集も出して欲しいな。

 

選書を見ると、本当に本が好きでたくさん読んでいるのだなぁとわかります。純文学など流行遅れなのだろうが、例えば初恋の相手への想いをこの歳になっても貫き通そうとする純真さのようなもの―文学に対する―が切なく、自称本好きさんの私には、心燃やされる想い。


 

紹介された本の中には、初耳の本もたくさんあって、また読みたい本が増えてしまった。中でも、又吉さんのエピソードが気に入った気になる2冊。

『コインロッカーベイビーズ』と『沓子・妻隠

 

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

 

 

又吉直樹を読む

book-aoringo.hatenablog.com