青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

村上淳子 『本を読んで甲子園へいこう』

 

「本読んだくらいでいけるほど甲子園は甘くない!!」

そりゃそうだ。でも読書もあなどれない。

どんなスポーツでも同じ。

勝ち上がるにつれて強くなっていく相手との力の差が互角、あるいは相手の方が上だとしたら、勝てる要素は何だろう。

力の差でない部分にも鍛えられるべきところはないだろうか。

僅差で競り合った時、残り時間はわずか。

焦ってミスをした方が負けだというプレッシャー。

自分たちにも相手にも、必ずどちらにも「流れ」がくる瞬間がある。

自分たちの「流れ」を着実にモノにして、相手に「流れ」が来た時にそのペースに流されない。

勝負を左右するひとつの大きな要因に精神力は欠かせない。

 

これをスパルタ式に、厳しい練習に耐えうることでしか培うことができないと考えている指導者も少なくないが、果たしてそうだろうか。

待つ力、現実的で豊かな想像力、冷静な判断力。

こうした力は、耐えるのではなく育むことでより身につく。

「読書」は、とても有効。

 

 

『本を読んで甲子園へいこう』の著者・村上淳子さんは、静岡県の中学校校長を退職後、常葉大学講師をされています。高校での講演の依頼をきっかけに、高校生へのよみきかせをはじめます。そうした中、野球部の監督さんから部員たちへのよみきかせを依頼されます。

 

「野球部によみきかせ?」

 

子どもたちも村上さんもはじめは意外に思います。だって、野球に読書は必要ないでしょ。読み聞かせをしている時間に、バッティングでもしている方がよっぽどいいのでは?

 

この監督さん、朝練習の時間を部員たちの読書の時間にしてしまいます。甲子園を目指す高校球児たちの朝といえば、貴重な練習時間。もちろん、監督さんには狙いがありました。スポーツにおいて心の強さは重要です。読書は、子どもたちの心を育て強くしてくれる。

 

(本文より)
『読書』や『読み聞かせ』、こういったことはとんでもない遠回りのように思われていますが、実はそうではないのです。しらずしらずのうちに、集中力が養われ、周囲に惑わされずに、状況を自分自身で冷静に考え判断する力がついているのです。

 

読書や読みきかせを続けることで、高校球児たちにどんな変化があらわれるのでしょうか。

いまひとつの力が足りないと感じるスポーツ監督のみなさん、読書してますか?声をかけてもらえればいつでもよみきかせにうかがいますよ。

 

本を読んで甲子園へいこう!

本を読んで甲子園へいこう!

 

 

おすすめポイント

◇読書をすすめる本

◇本のことを知る本

◇メンタルトレーニングの参考に

◇スポーツをする人に

 

 

学校図書館におすすめの本~司書・ボランティアさんに - 青りんごの本棚

中島克治『中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚』 - 青りんごの本棚