青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

絵本で読む『銀河鉄道の夜』

「文豪」と呼んだら「いえいえ」などと恐縮しそうな文豪、宮沢賢治

おすすめの絵本をまとめました。

児童文学作家さんとも言える賢治さんですが、現在もたくさんのアーティストに与えている影響力の大きさを考えると、文豪の名にふさわしいひとりではないかと思います。私も好きな作家さん。


独特なオノマトペや言葉のリズミカルさは、賢治作品の大きな魅力のひとつですが、中には、耳慣れない響きに戸惑う人もいるそうです。そんな人には絵本がおすすめ。

イメージがつかめると、言葉につまづかずに伝えたいところが見えてくるはず。イメージをつかんでから、作品を改めて読んでみると、言葉のおもしろさを味わう余裕も出てくる。賢治作品は、ぜひ音読をおすすめします。

宮沢賢治の作品の中でも人気が高い『銀河鉄道の夜』の絵本を紹介します。

 

藤城清治×銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

 

 

大好きな影絵作家の藤城清治さんの作品。

こちらは1982年出版作品。藤城清治さんの影絵の世界が、賢治作品のもつ幻想的な世界の「きらめき」「うらさびしさ」「なつかしさ」をぴったりと表現しています。絵本では、文章はオリジナルのままではなくて、短く書きかえていますので、本作を読む前にあらすじをつかむための予習として読んでも。

 藤城清治さんは宮沢賢治が大好きで、ほかにも『画本 風の又三郎』や『セロ弾きのゴーシュ』などの作品も手掛けています。

 

清川あさみ×銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

 

 雑誌で読者モデルをしていたころから応援していた清川あさみさん。

ビーズやクリスタルの刺繍で織りなす『銀河鉄道の夜』の世界は、華やかで繊細で幻想的。この世界の美しさを再確認させてくれます。

ながめているだけでもうっとりします。

 

KAGAYA×銀河鉄道の夜

 

画集 銀河鉄道の夜

画集 銀河鉄道の夜

 

 KAGAYAによりプラネタリウム上映された「銀河鉄道の夜」の画集です。

銀河を駆け抜ける鉄道が見た星空はこんなにも美しい世界だったのかもしれませんね。

ロマンチックな画集は、贈り物にもぴったりです。

 

 

絵本を楽しんだら、原作もぜひ手に取って読んでみてね。

 

銀河鉄道の夜 (角川文庫)

銀河鉄道の夜 (角川文庫)