青りんごの本棚

中学生・高校生におすすめの本をあつめています

よみきかせや大人にも*冬に読みたい名作絵本まとめ

  懐かしいものからちょっと考えさせられるものまで、10代にもおすすめの冬に読みたい絵本をまとめました。贈り物にもどうぞ。

 

『てぶくろ』 エウゲーニー・M・ラチョフ

 

 

おじいさんが落としたてぶくろに「わたしもいれて」と動物たちが集まってきます。

寒い日に、みんなでぎゅうぎゅうあったまりたい気持ちになります。

ポップであたたかみのある絵をながめているのも楽しい。

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

てぶくろ―ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ―ロシアの絵本)

 

 

『しんせつなともだち』方軼羣

 

村山知義さんの絵が好きです。

食べ物のない雪の日、ひとつのカブが友だちから友だちへと思いやりとともにつながっていきます。なんてすてきなおはなしなのだろう、と思いました。優しい気持ちに心があたたかくなります。

 

しんせつなともだち

しんせつなともだち

 

 

『ゆきだるま』  レイモンド・ブリッグズ

 

レイモンド・ブリッグズの「The Snowman ゆきだるま」は、寒い季節にページをめくりたくなる絵本。

雪の日、男の子が庭で作った大きなゆきだるま。

夜になり、ゆきだるまは男の子の家へやってきます。
漫画調のコマ割りと文字のない絵本は、子どもも大人も楽しめます。

好きなセリフを当てはめてみたり、絵を楽しんだり、読む人によって物語が広がりますね(*´-`)アニメ化されてアカデミー賞にもノミネートされました。

  

ゆきだるま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

ゆきだるま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

 

 

『てぶくろを買いに』 新美南吉

 

一面真っ白におおわれた寒い雪の朝。冷たい子ぎつねの手に母さんぎつねは、てぶくろを買ってあげたいと思います。人間に見つかったら大変と、母さんぎつねは子ぎつねのてのひらを人間の手に変えるのですが…。子ぎつねと見守る母のドキドキ、最後にほっと温かい気持ちになれる絵本です。黒井さんの優しいイラストもとっても素敵です。

 

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)