読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

冲方丁『はなとゆめ』

清少納言、28歳。
「私はあの方を守る番人になる」
帝・一条帝の后・中宮定子様に女房として仕え、『枕草子』を書き上げるまでが描かれた、清少納言ファン必読書。

 

 

内裏へあがるまでのゆったりさに少々眠くなりそうだったが(-_-)、中宮定子様の登場から物語がぱっと華やかになり、定子さまのお人柄とそのみやびな世界にうっとりしっぱなし。

 

「どうせわたしなんて」と落ち込みモードの清少納言は、これまで彼女に抱いていたイメージと違っていたが、彼女の才能をひきだし、大きく開花させた中宮定子様がいればこそ、『枕草子』のサバサバした清少納言が生まれるのね。

 

知性にあふれ、心遣いのできる女性(もちろん美しい)が、ただ一途に自分を慕ってくれる。一条帝が定子様にぞっこんになるのもわかるわぁ。

 

清少納言について書かれた書籍は数あれど、こんなにも彼女を身近にわかりやすく読める本はこれまでなかったのでは。清少納言についてはもちろん、藤原家に代表される当時の政治抗争なんかが、特にもわかりやすく、歴史背景に疎いから歴史小説はちょっと…と敬遠している人にこそおすすめしたい。これまで知ってるつもりだった藤原道長が、すっごく嫌な奴だということに気づいちゃうくらいのわかりやすさ。歴史上の人物を嫌いと思えるほどに知るってなかなかないでしょ。いや、私は豊臣秀吉も嫌いだ。そんなことはどうでもいいが。

 

清少納言が書きしるした『枕草子』は、和歌でも、漢詩でも、日記でも、物語でもない。
強者の驕りも、貧者の辛苦も、男の振る舞いも、女の嘆きも…。普段は心の中に押し込めているものを、洗いざらいを他愛のないことばにして表にしたもの。

清少納言が『枕』に込めた想いとは。
ラストは胸に迫るものがあります。

 

 本をチェックする

はなとゆめ (単行本)

はなとゆめ (単行本)

 

 

日本人なら知っておきたい日本文学 - 青りんごの本棚