青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

羽生結弦人気のスポーツノンフィクション

フィギアスケート選手・羽生結弦さんのことがわかるスポーツノンフィクションをまとめました。

 

羽生結弦 『蒼い炎』

蒼い炎

蒼い炎

 


ソチオリンピック・フィギアスケート金メダリスト羽生結弦選手の写真とインタビューで綴る自伝書。
チャリティブックでもあり、羽生選手の印税はすべて被災したアイスリンク仙台へ寄付されます。

 


2011年3月11日、仙台のリンクで練習中に東日本大震災に被災――。
 家族4人で近くの体育館で避難所生活を送りながら、
 「このまま、スケートを続けてもいいのか」と悩んだ羽生結弦選手(当時16歳)。

 地元のリンクは半壊し閉鎖――。練習場所を求めて、
 日本各地のアイスショー60公演に参加しながら、4回転の精度を磨き、
2012年の世界選手権では日本男子史上最年少で銅メダルを獲得しました。

 本書は、震災を乗り越えて大躍進を遂げた羽生結弦選手が
自身のスケート人生や将来の夢を語り下ろした、初の著書です。

 

 

羽生結弦 『蒼い炎Ⅱ』

蒼い炎II-飛翔編-

蒼い炎II-飛翔編-

 

 

前作以降2012年から2016年までの4年間がつづられた羽生選手の自伝第二弾。

カラー写真110点も収録され、インタビューと合わせて読み応えありますよ。

第一弾に引き続き、こちらの印税もアイスリンク仙台へ寄付されます。

 

 

  角川つばさ文庫 『羽生結弦物語』 

羽生結弦物語 (角川つばさ文庫)

羽生結弦物語 (角川つばさ文庫)

 

 

小学校・中学年からおすすめの角川つばさ文庫ノンフィクション。羽生結弦選手がスケートをはじめたきっかけや挫折、震災を経験し、世界で活躍するまでが読めます。

 

 

ブライアン・オーサー『チーム・ブライアン』

 

チーム・ブライアン

チーム・ブライアン

 
羽生結弦キム・ヨナとふたりの選手を金メダリストに導いた、フィギュアスケート世界最強コーチと言われる、ブライアン・オーサーのドキュメント本。オーサーと羽生選手との対談も収録されています。