青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

泉啓子『晴れた朝それとも雨の夜』

中学生女子の3つの恋のオムニバス。

 

 

著者は小学生向け児童文学作家というイメージがあり、あまり期待していなかったのだけど、初々しく瑞々しい中学生の恋のお話3編にすっかりハマってしまった。(読書中はすっかり自分の年齢を忘れてる…)

主人公の女の子たちも好みのタイプ。朝、教室に入ってまず「昨日のあのドラマ見た~?」とかいう話題でテンションを上げないタイプ。(←それがダメってことじゃなくて、好みの問題でしょう)
自分を前面にアピールするタイプじゃないんだけど、自分をしっかりと持っていて、それでいて結構自分に素直な女の子。


読み終えた後は、なんか走りだしたくなるような夏らしい恋物語

 

この本が読みたいという娘(小6)に

「えっ、これ読みたいの?じゃあ買ってあげようか」などと言いつつ、娘より先に読み終える。

 

本をチェックする

 

晴れた朝それとも雨の夜 (単行本図書)

晴れた朝それとも雨の夜 (単行本図書)