青りんごの本棚

中学生・高校生におすすめの本をあつめています

原田マハ 『星がひとつほしいとの祈り』

原田マハがさまざまな年代の女性を主人公に描く短編集。長編の原田さんとも違った味わいがある。

 

娘であり、母であり、妻であり・・・さまざまな女性を描く短編小説

 売れっ子コピーライターの文香は、休暇で訪れた道後温泉の宿でマッサージ師の老婆と出会う。盲目の彼女は、横たわる文香に静かに自分の哀しい過去を語りはじめる・・・「星がひとつほしいとの祈り」
日本を代表する大女優・堂本あかりが死んだ。母であるあかりの最後の願いをかなえるため、娘・ひかるは、ひとかけらの骨とともに大分へと向かう・・・「夜明け前」


母と娘、友人、偶然出会った人・・・どの短編にも、女性と女性が登場する。娘であり、母であり、妻であり、時に闇の中で迷いそうになる時もある。そこにひとすじの希望をみせてくれたのは、世代や時代が過ぎゆきても変わらない、女たちの強さとしなやかさ。女たちの心の細やかさを味わいつつ、短い物語の中で、女として生きることのなにかを投げかけられたような感じがする。


たまには寄り道もええもんやね

 「寄り道」は、アラフォー女子、ハグとナガラが白神山地へ女ふたり旅をする物語。ハグこと波口喜美が母との旅行先でのこんなセリフを思い返す。

「こんなふうに、たまには寄り道もええもんやね。一生けんめい働いて、まっすぐに生きてきて。だけど、ときどき寄り道するのんも」

喜美の母は、旅を寄り道に例えた。「寄り道」のほかにも、「斉唱」では、母と娘が学校の課外授業として佐渡へトキを見に行ったり、「長良川」では若い夫婦と母親が鵜飼を観光したりと、旅先での物語が多い。これまでを振り返ったり、これからを少しだけ描いてみたりする、ちょっとした寄り道の時間は、慌ただしく日々が過行く女性たちに必要なものかもしれない。

 

* もくじ * 

 椿姫 La traviata
夜明けまで Before the Daybreak Comes
星がひとつほしいとの祈り Pray for a Star
寄り道 On Her Way Home
斉唱 The Harmony
長良川 River Runs Through It
沈下橋 Lorelei

 

中でも、「夜明け前」「星がひとつほしいとの祈り」はぐっときた。

 

女子におすすめの短編集

◇「女性」をテーマにした作品

女性だからこそ共感する部分がある。女子におすすめ。

◇朝読書にも

 ◇国語入試問題にも出典された作品

「斉唱」は、昨年度の国語入試問題でよく出典された作品として、読んでみたかった物語。母を拒み、学校を休みがちな中学生の女の子・唯(ゆい)が主人公。同年代なら共感するところも多いのでは。受験生にも。

 

*本をチェックする* 

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

 

 

そんなあなたにおすすめの本

角田光代『Presents』

 

原田マハ『夏を喪くす』

100万回生きたねこを愛する作家たちによる『100万分の一回のねこ』 

Sweet Blue Age

小川洋子 『人質の朗読会』