青りんごの本棚

中学生・高校生におすすめの本をあつめています

麻耶雄嵩『神様ゲーム』~ミステリーランド

 「かつて子どもだったあなたと少年少女のため」をコンセプトに、子ども向けの上質なミステリーを届けるミステリーランドから。

 

 

*もくじ*

 

まず目次で心をつかまれます。

誕生日
神様
犯人
天誅
英樹

英樹
天誅
犯人
神様
誕生日

気付きました?
死を中心に対称になっているんですよね。展開が気になりますよね。

 

児童書と思って子どもが読むと火傷します。
とはいえ、事件の解決が大雑把なので、大人がミステリー小説として読むには物足りないなぁ。


麻耶さんの初読みでしたが、こういう作風の作家さんなのかな。
読みやすいので、どんな作家さんかな、と世界観を読みとるにはおすすめかもしれません。

 

胸やけ注意のミステリー

序盤の猫殺しは残忍さはあるものの、謎解きとしてはおもしろい。

折り返しからのラストのどんでん返しが読者に丸投げという感じで、大人の私でも「それってどういうことよ?」とはてなになるのだから、子様は対応できないだろうなぁ。
「これってどういう意味?」と聞かれたら、答えにつまるので、息子(小6)にはおすすめする前に返却。

それでもって、鈴木君はリアル神様だし。

現代社会にありそうなリアルさの中に、ファンタジックな展開、もうなんでもありな感じは、「まさにミステリーランドの巨大パフェやぁ」。

食べきったあとの後胸やけにご注意。

 

(BOOKデータベースより)
小学四年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。
芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめることにした。
そんな時、転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と明かされる。
大嘘つき?それとも何かのゲーム?
数日後、芳雄たちは探偵団の本部として使っていた古い屋敷で死体を発見する。
猫殺し犯がついに殺人を?芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのだが…。

 

 

本をチェックする

神様ゲーム (講談社文庫)

神様ゲーム (講談社文庫)

 

 

ミステリーランドを読む

森博嗣『探偵伯爵と僕』~ミステリーランド - 青りんごの本棚

  ◇講談社公式サイト