青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

赤木かんこ『読書力アップ!学校図書館の作り方』

子どもたちが喜ぶ、たくさん利用される図書館の作り方をわかりやすく誰でもかんたんにわかるようにまとめた本って、本当に少ない。専門の司書さんがいる図書館はまだいいかもしれませんが、専門外の先生やボランティアさんが主体のところでは、うちの図書館もっとなんとかしたい、と思っても、まずは何から手をつけていいのかわからないうちに、貸出し作業や掲示物作りでなんとな~く毎日が過ぎてしまう感じではないでしょうか。

 

その意味でも、この本、学校図書館の救世主的な1冊だと思います。子どもたちにたくさん利用してもらえる図書館に変身させるための参考書ともいえます。カラー写真も多く、すぐにまねしたくなるような実践的なアイデアがたくさん。子どもたちの目線を意識したディスプレイやちょっとしたひと手間は、多くの子どもたちと関わってきた赤木さんだからこそ、目の届くところだなぁと感じます。値段が高いと感じるかもしれませんが、さらにCD-ROM付きだしお得ですよ。

 

児童文学評論家でもあり、たくさんの学校図書館の運営にも携わってきた赤木かん子さん。子どもと図書館を語らせたら、この人ほどの経験と知識のある人はいないのではないでしょうか。そんな赤木さんだからこそ、本当に子どもたちが集まる図書館を作れるのだと思います。

 

子どもたちの読書力の向上は、やっぱり学校図書館から。
まずは、軍手と「激落ちくん」持って、図書館のお掃除からですね♪

 

読書力アップ!学校図書館のつくり方

読書力アップ!学校図書館のつくり方

 

 

おすすめポイント

 

学校図書館に関わる人に

◇学校司書・図書ボランティアさんに

 

学校図書館におすすめの本~司書・ボランティアさんに - 青りんごの本棚