青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

村山早紀 『コンビニたそがれ堂』

 大事な探しものがある人だけがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。

 

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)

 

 


ママに捨てられた大事なリカちゃんを探す女の子、このごろ疲れているラジオのパーソナリティーのお姉さん…。少し不思議で、心がほっこりとあたたかくなる、やさしいいくつかの物語。

いつの間にかなくしていた、もう探すこともない、大切だったいくつかを思い出しました。
物語の中の出来事と知っていても、本当にあったらいいのにと思うような、お話ばかりです。

文字も大き目で読みやすく、小学校高学年からおすすめです。
短いお話ですが、疲れた大人にもお薬のように心をほぐしてくれる、おすすめの作品です。

村山さんのシリーズはそれぞれ別の物語ですが、登場人物たちが別の本の中でお客さんとしてちょこっと顔をのぞかせたりするので、あわせて読んで見るとさらにおもしろいですよ。こんなところに住みたいなぁと思わされる、すてきな街です。

 

こちらもおすすめ

 

村山早紀『コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状』 - 青りんごの本棚

(P[む]1-3)コンビニたそがれ堂 星に願いを