青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

今村夏子『こちらあみ子』

目があった瞬間、「読めばいい」とその生き物は私に言った。

「ほう」と私はつれなく返した。

あのね、私に甘い声をかけてくる本はあなただけじゃないのよ。

「そう」と、ユニコーンのような姿をした奇妙で美しい生き物が、しゅんとしてうつむく。私だって意地悪じゃない。本当は、タイトルの響きがとても気に入ったので、連れて帰る。

 

 こちらみこ

 

本作で第二十六回太宰治賞(「あたらしい娘」を改題)本書で第二十四回三島由紀夫賞受賞。

デビュー作にして。

というのは、読み終えてからおまけのように知ったことだが、その時にはもう私はこの作品がすごく好きになっていた。

図書館に本を返却してしまうと心許なくて、文庫本が発売されるやすぐに迎えに行った。文庫本に追加収録された『チズさん』もよいので、購入するなら文庫がおすすめです。町田康さん、穂村弘さんおふたりの解説付きだし。ま、いっそどちらも買ったらよい。←オイ

 

目が合った瞬間から君が最高だって気づいてたよ、と言ってみる。

土屋仁応さんによる表紙の「麒麟」が「ほう」とそっけなく答えた。

 

十五歳で引っ越しをするまで、あみ子は田中家の長女として育てられた。父と母、それと不良の兄がひとり。

といってもこの兄だって、小学生の頃は妹思いのいい兄さんで、不良になった原因のひとつはたぶんあみ子にあるのだが、そんなこともあみ子はもちろん知らない。母が自宅で開いていた習字教室にやってくる「のり君」にあみ子は恋をする。

あみ子を受け止めきれない母と(あみ子はそんなことを気にしない)、

あみ子に苛立ちがつのるのり君と(あみ子はそんなことを考えもしない)、

あみ子に困る父と(あみ子はこれでも気を遣っている)。

 

あみ子のあたりまえのまっすぐさは、まわりの誰かを苦しめ、追い詰め、傷を残す。彼女にそんな意図は微塵もなく、だからこそ、そのまっすぐさは、時に切なくて、滑稽なのだ。

母のほくろが落ちると譲らず、公園にほくろが落ちていたとあみ子が言い張るシーンでは、思わず吹き出した。もちろん、その場にいた兄の感情は怒りである。

張本人と当事者と読み手のあいだに生まれるこの「ずれ」の感覚。春の小川の流れの如きおだやかさと軽やかな文体が、これほど心をざわつかせるのは、そこに描かれている日常が深い闇を含んでいると知っているから。今村夏子さんは、そのことに気づかせずにさらりと読ませて投げかける。この違和感は、きっと文章でしか味わえない世界で、そこに奇妙な心地よさがある。

 

「ピクニック」「チズさん」も同じだ。普通とそうじゃないものの境界線などなくて、奇妙さや違和感をすでに日常が内包していることに、気づいていない可能性だって、すぐとなりにあるかもしれないのだ。自分が基準にしている線引きだって、初めからずれているのかもしれないよね。

 

その線を持たないあみ子のまっさらが、私には眩しくもみえる。

みんながこんな風に生きられたら、たぶん誰も傷つかずにいられるのに。 

 

のり君が佳範だったように、「あみ子」にも別の名前があったのかもしれないと、想像を巡らせる。

たぶん、あみ子も知らないね。

 

もくじ

こちらあみ子

ピクニック

チズさん

 

 おすすめポイント

◇第二十六回太宰治

◇第二十四回三島由紀夫賞受賞

 

本をチェックする

 

こちらあみ子 (ちくま文庫)

こちらあみ子 (ちくま文庫)

 

 

 

 

関連サイト

Yoshimasa Tsuchiya

筑摩書房 PR誌ちくま

『こちらあみ子』三島賞受賞対談。 こわれたトランシーバーで交信しようとする希望(千野帽子×米光一成) - エキレビ!(1/5)