読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

貴志祐介『黒い家』

最近蒸し暑いし。
一気に涼しくなりそうな作品はどこだ。

どこへ行っても高評価で、読みたくてしょうがないのに、長年リストに入れっぱなしなのは、だって怖いのは苦手だから。
「たまらなく怖い」らしいのです。

わかっているけど、読みたいのが本好きというもの。

選んだのは、こちらの黒い本。

 

保険会社に勤める若槻は、ある男の子の遺体の第一発見者となる。
仕事で、面識もないのに、ご指名で家に呼ばれちゃって、言われるがままに襖開けちゃって、見たくもない遺体を見つけてしまうのです。
しかも、そのコモダ家の(菰田と書く。名前に狐が入ってるのもなんか怖いじゃないのよ)保険金の支払いの担当になるのだけど、どうみても、菰田家の父親って男が怪しい。調べるほどにお前が殺したんじゃないの?って色が濃くなるのですよ。そこから、泥沼のようにおかしな出来事に引きずり込まれていく。

 

圧巻は、深夜の黒い家⇒菰田家での逃げ回るの図。
暗く臭く、ごろんと死体が転がっている家の中で、狂気の沙汰で目が血走ってる、でかい包丁持った菰田さんに、ゆっくりとじんわりと追いつめられるのですよ。
私まで怖くて息止まっちゃったじゃないのよぉ。
こっちも必死で隠れてるっていうのに、あの人が声をもらしちゃった時は「ひぇ~、あんた何やってんの!?」と飛びのくわさ。

 

怖いからページをめくる手が進まないだろう、なんて予測とは裏腹に、夕方から読み始めて途中晩ご飯準備したり、洗濯したりしつつも日付が変わる前には一気読み終了。

 

はぁ、すげぇ怖くて面白かったぁ。
これまで読んだ本の中ではダントツに怖い。そして巧い。
というのはいいのだけれど、気づくと家中みんなすっかり眠ってて、こんな時間にひとり取り残されても怖いんですけど。数日は家のなかで夜中びくびくしてると思います。

 

ちゃんと解決して物語が終わってくれるから、いつまでも引きずらないのも、怖がりの私としては推しポイント。


貴志さんは、こんなに怖い文章を書くけれど、きっと読者思いのいい人に違いない。
でも、寝る前には鍵チェックしているこの頃。

 

テーマになってるサイコパスってのも興味深かった。
文庫本の表紙がちょっと怖すぎる。
家にあったら泣いちゃうかも。←その後購入したけどカバーかけちゃう。

 

おすすめポイント

◇第4回(1997年) 日本ホラー小説大賞受賞 

◇背筋がぞくっとする怖さ

◇映画化原作

 大竹忍さんの演技も怖い

 

本をチェックする

 

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)