青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

村山籌子作品集『リボンときつねとゴムまりと月』


村山籌子さんは、1903年高松市生まれ。『子供之友』の編集に携わった童謡・童話作家である。
さっと見てそのシュールさに惹きつけられるイラストは、旦那様でもある村山知義さんによるもの。

 

 

村山籌子作品集〈1〉 リボンときつねとゴムまりと月

村山籌子作品集〈1〉 リボンときつねとゴムまりと月

 

 表紙のイラストは表題作「リボンときつねとゴムまりと月」のワンシーンである。

 

リボンと月が食事をしているのはわかる。奥にいる裸電球のようなものは一体なんだろう?タイトルから推測するにきつねではないし、ではゴムまりか?襟付き紺ワンピースのお嬢様スタイルなのも気になる。そして、中央の電球からぶらさがる(吊られているともいえる)人形の意味するものって…?


美しいリボンさんは、おとなりに住むきつね一家にいじめられている。リボンさんはかなしくて、それはもう、しわがよって、いろもはげて、だんだんきたなくなるほどなのだ。

かわいそうに思ったゴムまり(裸電球ではない)と月がはげましの夕食会をひらき、きつねさんを招くのですが…というストーリー。

 

イラストにぴったりなシュールでモダンでユニークな童話や童謡が表題作のほか15編収録されています。


私のお気に入りは「ライオンの大ぞん」だいじなあごひげを落としちゃったライオンのお話です。

幼稚園~小学校低学年向きですが、この昭和モダンのおしゃれさは大人にもぜひ味わってみて欲しい。病みつきになるよ。
だってもう続編も手に入れちゃったもの。

 

 村山籌子作品集シリーズ

村山籌子作品集〈2〉 あめがふってくりゃ

村山籌子作品集〈2〉 あめがふってくりゃ

 

 

村山籌子作品集〈3〉 川へおちたたまねぎさん

村山籌子作品集〈3〉 川へおちたたまねぎさん