読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

小熊英二『日本という国』~よりみちパン!セ

気になっていたけれど人に聞きづらかったこと、そんなに興味があったわけではなかったけれど、こういうことが知りたかったんだ、ということをテーマに取り上げて、その道のプロがわかりやすく教えてくれる、この「よりみちパン!セ」シリーズ。

 「中学生以上のすべての人へ」という通り、わかりやすく、丁寧に、難しい言葉もとことん噛み砕いて簡単に解説してくれるから、とっても読みやすい。優しく語りかけてくれる文体も大きなお気に入りポイント。社会情勢に疎い私には、「へぇ~、そうだったのか」と初めて知る貴重な情報もたくさんあって、とてもためになります。

 

日本という国については、みなさん小学生の時から歴史の授業でじっくりお勉強をしてきているはず。日本では社会科は暗記教科の部類ですよね。私自身、テストではそこそこいい点数が取れてたけど、実際よくわっていないということが結構あります。例えば、なんで鎖国をやめて開国することになったのか。なんで戦争を起こしたのか。なんで負けるとわかってたのにもっと早く降伏しなかったのか。それから、サンフランシスコ講和条約って?重要なポイントというわりには、内容ががイマイチよくわからない。

 

特に、文明開化のあたりから現代までは、教科書のページ数も少なく、うすっぺら。「ここ大事よ」って太字フォントの単語はたくさん並んでいるのですが、説明書きもいまいち理解しづらい。先生も、さほど詳しくは解説してくれないし。何しろ教科書もラストスパートだもんで、年度末にここらへんを取り上げるものだから、授業が遅れてるクラスなんかは、さらにハイスピードで展開。疑問をもつ余裕もなく通り過ぎるわけなのですよ。

 

歴史を勉強している目的が、過去を知りこれからの世界の中の日本のあり方のヒントにするためだとしたら、最も関わりがあり重要なのが、戦争前後からの現代までの歴史であるはず。

 

この本では、歴史の教科書ではなんとな~くぼんやりとしてるところを、ずばり切り開いてわかりやすく教えてくれます。

 

「日本という国」を知ってみると、この国ってなんかさみしいな~、というのも正直な感想。(震災後のガレキ処理受入れ拒否の報道をテレビで見た時のような…)

じゃあ、これからの新しい日本を作るために、どうしていこうか、と考えるヒントになるといいなと思います。

 

日本をチェックする

 

日本という国 (よりみちパン!セ)

日本という国 (よりみちパン!セ)