青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

西加奈子『i』

 

「この世界にアイは存在しません」

アイとは二乗してマイナス1になる虚数のこと。

しかし、中学の数学教師が放ったこのひとことは、アイにとって呪いの言葉となった。

 

ワイルド・曽田・アイ。

それがアイの名前だ。

アメリカ人の父と日本人の母を持つ。

しかし、アイはふたりとは血のつながりがない。

アイは養子だ。

1988年シリアで生まれたらしい。小学校卒業までをニューヨークのブルックリンハイツという高級住宅街で過ごし、父の仕事の関係で中学から日本へやってきた。

 

中学に入学するまでの経歴をまとめるだけでこれほどになる。

日本に生まれ、日本から飛び出したことのない私には、容易には想像もつかないが、しかし、私はアイに通じる。

 

内戦の激しいシリアに生まれ、どうしためぐりあわせなのか、アイはいまここにいる。なぜ選ばれたのが自分だったのか。

今いる場所が、確かに自分の居場所なのだと感じることができない。

自分がなにも知らずに何もしていないのに、ぬくぬくと恵まれた環境を享受していることに、アイは居心地の悪さを感じている。

恵まれていることに対して、幸せを感じることの後ろめたさ。

幸せだと感じられないことの後ろめたさ。

 

感受性の強すぎる少女は、自分の存在を疑い始める。

自分が「ここにいていい理由」は何なのか。

 

そのたびに何度も繰り返されるあの呪いの言葉。

「世界にアイは存在しません」

 

自分の存在が多くの亡くなった人たちの犠牲の上にあるのだと感じたアイは、世界中で起こる悲劇で亡くなった人たちの人数をノートに書き留めていく。

 

人の悲しみを自分のものにすることで少女は自分の存在を意義付けようとするのだが、自分の悲しみを乗り越えた時にはじめて、アイは生きることを手に入れ、自分の存在を認められるようになる。

 

痛みの中でこそ、人間は生きているこ喜びを感じることができるのだと言った『ギヴァー 記憶を注ぐ者』のメッセージが重なった。

 

おもしろかったし、いい本だった。

 

おすすめポイント

◇2017本屋大賞候補

西加奈子さん最新作

 

本をチェックする

 

i(アイ)

i(アイ)