青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

ラルフ・イーザウ『盗まれた記憶の博物館』

 ファンタジー王国ドイツの子どもたちが選んだベストファンンタジー。審査員の半数以上が子どもの読者という「ブックステフーダー賞」を受賞した作品。当然はずれなし。

 

盗まれた記憶の博物館 (上)

盗まれた記憶の博物館 (上)

 

 

オリバーとジェシカはベルリンに住む双子の兄弟。
ある日、二人の住む家に警察が押し掛けてきた。
父親トーマス・ポロックが、博物館で古代の石像を盗んだのだという!!
でもふたりは、トーマス・ポロックなんて名前の人は知らない。父親なのに!?

ふたりは父親の記憶を失くしていた。
父親を助けるために、オリバーはイシュタル門をくぐり、失われた記憶の国クワシニアに向かうのだが……。

 

この世界で人々に忘れられたものたちが「失われた記憶」となり、次元を超えた別の場所に囚われている。ファンタジーというジャンルではあるけれど、感覚が近い。
クワシニアには、こちらの世界で人々に忘れられた、実際に存在した(もしくはしただろう)ものがいくつも出てきます。中国の兵馬俑、ナポレオンの外套、ペガサス、ソクラテスの弟子だったエレウキデス……。仲間だったり、的だったりするのですが、この絡みも面白い。

 

オリバーがいつか失くして忘れてしまっていたある大切なものと出会います。
私にもそんな何かがたくさんあったような気がして、クワシニアに思いを馳せてみたりして。

冒険を楽しむだけじゃなくて、少し切ない気持にもさせてくれるファンタジー。

著者のラルフ・イーザウは、ファンタジー作家にしてはちょっと変わった経歴の持ち主かも、と思う。プロフィールによるとこう。

 

「コンピュータのソフトウェアの設計の仕事をしながら、無味乾燥なデータの世界から逃避しようと物語を書き始める。ファンタジーの伝統とコンピュータゲームの興奮を合わせ持つ独特の作風に、ミヒャエル・エンデが注目し、自ら出版社に原稿を持ち込んでくれたのがデビューのきっかけという。」

 

『モモ』のミヒャエル・エンデ!!世界に名の知れたファンタジー作家が、新人の小説を出版社に売り込みに行くなんて。それほど、彼に惚れ込んだということでしょう。ラルフ・イーザウは「エンデに次ぐドイツ・ファンタジーの旗手」と言われているそうです。納得。

 

おすすめポイント

 

◇がっちりファンタジー

ミヒャエル・エンデが好きな人におすすめ

◇ブックステフーダー賞受賞

「ブックステフーダー賞」は審査員の半数以上が子どもの読者。いい本を子どもたちが選ぶ、なぜって読み手は子どもたちだから。だからこの賞にははずれはありません。

この賞いいですよね。こういう賞、日本にはないのかしら?