読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

ピュアフル・アンソロジー  パート2

中学生におすすめのアンソロジー。読みたい本が見つからない人や、あまり長いお話は苦手という人も、まずは短編をひとつ読み切ってみて。

 

 

 放課後。―ピュアフル・アンソロジー


「ランチタイム」…マルシェ籠を持って私は今日も公園に出かける
「月の望潮」…不器用な僕は上手く気持ちを伝えられない
「放課後の約束」…沙耶と梨李子、22才の夏。クラスメイト二人が再会する
「彼女の不機嫌そうな革靴」…僕は革靴を作る彼女に恋をした
「ゴセイト」…放課後のおしゃべりは秘密の友だちと……。
「道草少女」…幼い頃、私は道草ばかりしていた

 

 

 ピュアフル・アンソロジー 手紙。

ピュアフル・アンソロジー 手紙。 (ピュアフル文庫)

ピュアフル・アンソロジー 手紙。 (ピュアフル文庫)

 


「あした咲くつぼみ」…嘘をつき家を出た、二十年前のあなたへ
「グラノラトフィーバー」…乙女たちだけの閉じられた庭で
「雲の規格」…小さかった頃、時々スーパーヒーローになっていた
「赤い紙袋の中」…杉本君のロッカーから、私は恋を盗んでしまった
(「ヒーロー」…私はクラス平和のためにそっと闘う
「読めない手紙」…不器用な女子高生三人組の友情……!?
 巻末に、樋口裕一氏の特別インタビューを収録。

 

 

 片想い。―ピュアフル・アンソロジー

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)

 


「長い片想い」 坂木司 …最近「肩が重い」と感じたら……
プリウスの双子」前川麻子 …優太の淡い恋の芽ばえ
「北風のマント」大崎梢 …里穂の恋を謎が包む
「キッキへ」安藤由希 …中学に入るまでどこへ行くにも一緒だった彼
「さつきさん」草野たき …大好きな人を失った十五歳の春
「おまえたちが信じてる世界のライフはゼロだから」笹生陽子 …ドアを開けたら、闇の魔導師がいた

 

おすすめポイント

 

◇人気作家たちのアンソロジー

◇中学生におすすめ

◇朝読書や通学タイムにおすすめ