読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

打海文三『裸者と裸者 孤児部隊の世界永久戦争』

表紙のこのイラスト×角川文庫、ノベライズ系かななんて思わせて、そうではない。
これは本格戦争小説だ。

 

 

 

近未来の日本。金融システムの崩壊と経済恐慌と財政破綻。かつて裕福で平和だった国は内乱が勃発し、国軍は政府軍と反乱軍に二分した。外国人労働者と社会的弱者であふれかえり、安全で安心な場所はどこにもない。
内乱で両親を失った海人(6歳)は、幼い妹と弟を守るため、必死に生き抜く決意をする。


日本でこんなことはありえないし、なんて読まない方がいい。ここに描かれているのは、今も世界のどこかで実際に起きている戦争のありのままの姿だと思う。戦争は、いまやビジネスのひとつとして、どこでも行われうる危険性と背中合わせの位置にある。

虐待・殺人・レイプ、目を覆いたくなる惨状が当たり前に行われる。ドラックの売買と同じくお金になる戦争は一度始まったら簡単に終わることはない。

そんな惨状の中、ただ家族を守りたいという純粋な思いで生き抜こうとする海人の姿が希望になる。

(上)では、孤児の海人が常盤軍の孤児隊の一員から上官に出世するまでが描かれて、
(下)では、語り手が月田姉妹(上で海人に助けられる)にかわり、民間の女の子たちによる武力隊パンプキン・ガールズ(ドラック売って稼いだり要はマフィアなんだけど)の暴れっぷりを中心に話が進む。
どのように戦争が行われ、なぜ戦争はなくならないのかが見えてくるシリーズ。すごくリアル。

海人も月田姉妹も、この世の中が狂っていることを知っている、そしてこの社会を拒絶している。矛盾した気持ちを心の奥に抱えてながらも、生きていくためにはそこに自分を適応させるしかない。悲しいとか苦しいとかそんな葛藤にとらわれている暇はない。戦争のやるせなさである。
なのだけれど、一方でこの子たちのセリフが時々、現代の子どもたちの声にも聞こえるからなんだか皮肉。

 

(下巻 P294)
「世界はとっくに発狂してる」姉妹は言った。
「うん、発狂してる」イズールが言った。
「生きのびようとすれば、この狂った世界に適応するしかない」
「そうだね」
「邪悪な許しがたい異端の」
「なに?」
「邪悪な許しがたい異端の」姉妹はくり返した。
「それがあたしたちの適応のかたちだ」

 

子どもの純粋さ、大きさに切なくって泣けてくる。
狂った社会にも適応することで子供たちはその世界を大人を肯定しようとしてくれている、それに大人の私たちは何をしてやれてるんだろう。

 

初めての打海さんの小説。ミステリー作家さんかと思っていたのだけどちょっと違った。上巻は一気読み、下巻は二日かかりましたが。この分厚さを3日で読み切っちゃった。それくらい引き込まれる文章力とスピード感のある展開。期待以上のパンチのある作品が読めたなという感じ。

 

ただし、戦争小説なので無差別に人を傷つけるシーンやきわどいシーンもたくさん出てきます。苦手な人にはおすすめできません。