青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年ー

レシピにたくした料理人の夢

 

「いつか料理人になってたくさんの人を笑顔にしたい」

それが少年の夢だった。

しかし17歳になった少年に告げられたのは、治療法がないといわれる難病だった。

 

あきらめなかった料理人の夢

 

 

昇兵は元気いっぱいでやんちゃな少年。6歳から台所に立ち、料理の手伝いをするのが好きだった。

脊髄小脳変性症という難病を抱えた母と、姉、祖父の4人暮らし。

脊髄小脳変性症とは、少しずつ体の自由が利かなくなる病気で、今のところ治療法のない難病だ。

自分の料理でみんなが笑顔になることがうれしくて、昇兵はいつしか料理人になることを夢みていた。

 

ところが、昇兵の成長とともに体に少しずつ異変が起こる。膝がかくんと折れることがある、言葉がうまく出にくいことがある、つまずく回数が増えてきた。

 

17歳・高校二年生になった時、検査をした。昇兵に告げられたのは、母と同じ病名だった。

 

1リットルの涙」と同じ病気だよ。

昇兵は、こんな風に伝える。

1リットルの涙」は、この病気を発症した中学三年生の女の子のノンフィクションで、ドラマ化もされ話題となった。

進行性で治療法はない難病。

 

どうして自分だけが?

お父さんがいなくて、お母さんが病気で、これまでさんざん悲しいことや辛いことを味わってきた。ほかの家のように、お母さんがお弁当を作ってくれなかったり、そういうことを全部我慢してきた。

それなのに、なんで自分までが病気にならなくてはいけないのか。

 

心に重くのしかかる悔しさと怒り、悲しみと絶望。

 

それでも大好きな料理を続けていた昇兵さんだったが、ある日、沸騰しているやかんを持ち上げようとして、大きな火傷を負ってしまう。

 

医者から、火を使うことを止められた。

その宣告は、病名を告げられた時と同じ衝撃で昇兵を襲った。

料理をすることで誰かの役に立ちたい。その思いは、昇兵さんにとって生きがいだったからー。

 

一度は、料理人になる夢をあきらめようとした昇兵が、たどりついたレシピとは。

 

幾度も困難や辛さを味わって、それでも前向きに進もうとする昇兵さんの強さに励まされる。彼を支える周りの人たちの強さにも。

 

 

おすすめポイント

 

◇ハンディキャップ・障害をテーマにしたノンフィクション

◇料理をテーマにした本

◇10代のノンフィクション

◇高学年から読める児童書

◇「かっぺキッチン」で検索すると、昇兵さんのオリジナルレシピが見れますよ。

 

本をチェックする

 

合わせて読みたいおすすめの本

 島沢 優子『左手一本のシュート 夢あればこそ!』

渡辺俊美『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』

乙武洋匡『だいじょうぶ3組』

『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』