青りんごの本棚

~本とごはんとコーヒーと。10代の読書案内~

山の仕事林業を伝える堀米薫『林業少年』

 

農業と作家をかけもちする作家・堀米薫さん

 

著者は福島県生まれ。岩手大学大学院修了。現在は、宮城県角田市で和牛飼育・水稲・農業の専業農家のかたわら、創作を続けています。自身も農業に従事しているため、作品の中にも自然に携わる仕事のすばらしさだけでなく、現在の農業が抱えている問題点なども身近に取り上げられています。農業に注目した作品も多く、おすすめしたい作家さんです。

 


(BOOKデータベースより)

山持ちとして代々続く大沢家の長男・喜樹は、祖父・庄蔵の期待を一身に受けていた。家族から「干物」と陰口をたたかれる庄蔵だが、木材取引の現場では「勝負師」に変身する。百年杉の伐採を見届け、その重量感に圧倒された喜樹は―。山彦と姫神の物語。

 


入試によく出る作品

 

国語の入試問題によく出典された作品です。著者のほかの作品も中学校・高校ともによく

出典されています。どの作品も高学年なら読めるおすすめばかりです。入試を意識した読書にもおすすめの作家さんです。

 

*公立高校入試*

平成27年度 宮城県公立高校

平成26年度 埼玉県公立高校

*中学入試*

平成27年度東京都 晃華学園中学校

 

 

本をチェックする

 

 

林業少年

林業少年